天一国基元節1周年記念行事祝勝会


韓国家庭連合HPより   企画広報局 2014.02.15

天一国基元節1周年記念行事祝勝会 

43d0d564a3cf5f3bc66624181c8b6b0e

天一国基元節1周年記念行事祝勝会が、天一国2年天暦1月14日(陽暦2.13)午前7時、天正宮2階チャペル室で真の父母様をお迎えして、真の家庭、機関企業長、牧会者や公職者など500人余りが参加して行われた。

この日の祝勝会は柳慶錫(ユ・ギョンソク)世界平和統一家庭連合韓国会長の司会で、

  • 真の父母様の入場、
  • ケーキカット、
  • イ・キソン世界平和統一家庭連合韓国副会長夫婦の花束奉呈、
  • 敬拝、
  • ファン・ヨンジュ世界宣教本部・世界副会長の報告祈祷、
  • 最高委員に辞令の交付、
  • 大陸会長に天一国憲法授与、
  • 勝利報告(機関報告および大陸報告)、
  • 真の父母様のみ言、
  • ヤン・チャンシク天宙平和連合(UPF)世界議長の先唱による億万歳三唱、
  • 敬拝、
  • 真の父母様退場

の順に行われた。この日、特に真の父母様は、天一国の最高委員会委員に任命された指導者に辞令書を授与し、憲法が納められた憲法函を下賜された。最高委員辞令書は文孝進様家庭、文興進様家庭、金孝南訓母様、金榮輝会長、イ・ジェソク会長、柳慶錫会長、金振春総長、宋龍天会長、小山田秀雄会長、金起勲会長、フェアリー・ジョーンズ会長、トーマス•ウォルシュ会長が授かった。辞令書授与に続き、真の父母様は最高委員会副委員長に金振春総長、事務局長にファン・ヨンジュ世界副会長を任命された。また、真の父母様は天一国の実体的完成の基礎となる天一国憲法を、各大陸会長に授けられた。

bc02124fa9f8988de10c387a1912eab1                         ▲花束奉呈
0f7ee661dc2ed2bad730445ce216d548                    ▲席に着かれた真のお母様
f55de57ff7af000913eb0cd9d97716ca                    ▲報告祈祷をするファン・ヨンジュ世界宣教本部・世界副会長
9fe8741597a241a362597db96b707771                  ▲天一国最高委員に任命された指導者に辞令書授与
a5849822ae144b8479ce82eb036cd9dc                      ▲天一国憲法下賜

機関別の勝利報告に先立ってユ・ギョンソク韓国会長は、天一国基元節1周年記念行事として行われた敬礼式、記念式典および2014天地人真の父母天宙祝福式、祝賀午餐会について報告する時間を持った。

続いて、機関別の勝利報告は国際指導者会議(ILC)、世界平和女性連合、韓国UPF、南北統一運動国民連合、世界平和青年連合、世界日報、統一財団(言論報告)、圓母平愛財団の順に進行された。

最初に機関別の勝利報告に立った梁昌植世界議長は「平和と人間開発のためのニューパラダイム」をテーマに開かれた2014国際平和指導者会議と会議に参加した全世界の現職の指導者たちついて報告し、ムン・ナニョン世界平和女性連合世界会長は、「平和とパートナーシップ、発展のための新しいパラダイムとしての女性のリーダーシップ」というテーマで国際指導者会議(ILC)の女性参加者で開いた会議について報告した。

尹晶老(ユン・チョンロ)UPF韓国会長は、フィリピンの結婚移住女性と一緒に平和の分かち合い(本が愛である)と国会図書館で開催されたクリストファー•ヒル前米国務次官補の特別講演について報告し、ソル・ヨンス会長は、50カ国の在外同胞が参加した2014年の韓民族平和統一大会(柳吉在・統一部長官の基調講演)について報告した。

ユ・ギョンドク世界平和青年連合会長は青年連合発足20周年を記念して開かれる「青少年性価値観教育の現状と活性化策」というテーマの純潔セミナーについて報告し、チョ・ハンギュ世界日報社長は、世界平和統一家庭連合の対外的地位が高まったことを実感すると述べて、世界日報創刊25周年記念行事の一環として開催された祝賀と記念写真展について報告した。

統一財団アン・ホヨル対外協力室長は今回の天一国基元節1周年記念の一環として開催されたすべての行事に対する国内外の各報道機関の反応と報道の現状、および報道の内容について報告し、金マンホ圓母平愛財団事務総長は、天正宮で開かれた第2期の奨学金証書授与式を通して奨学生1,455人に100億ウォンの奨学金が給付された内容について報告した。

最後にユ・ギョンソク韓国会長は、協会の総合報告を通じて宗教協議会と教授協議会が共同で主催した学術セミナー、2014多福フェスティバル、記念聖歌祭、教区の代表家庭巡回、世界原理講義大会、天聖経訓読大会など、天一国基元節1周年記念の一環として開催された行事の概要について報告した。

4b9b871b4a2d2fa2f85e761672fb73cf (1)                             ▲機関別の報告
049eeaa27027f05d32b23d40a4b13009                  ▲各機関長の報告を聞く参席者

続いて大陸別の勝利報告は、アジア、北米、南米、ヨーロッパ大陸の順になされた。最初の報告者として立ったヨン・チョンシク・アジア大陸会長は、フィリピン、タイ、台湾、インドネシア、ネパールなどの国で繰り広げられる摂理的ニュースと活動成果について報告した。北米大陸・金起勲会長は報告に先立ち、「プレゼンテーションの準備をせずに祝福家庭の二世を一人連れて来ました」と言って、メリーランド州で声楽を専攻した、マシュー・ヒルという二世の食口を紹介した。天一国基元節1周年を祝う午餐会で、国歌を歌ったマシュー・ヒルは、この日の祝勝会でも真のお母様の許しを得て二曲、歌を歌い大きな拍手を受けた。金起勲会長は、米国の宗教指導者会議(ACLC)を中心とした活動と米国の二世教育、ラスベガスとハワイコナでの摂理について報告した。
シン・ドンモ南米大陸会長は、ブラジルの食口の内的な力の強化のための原理教育、天宙平和士官学校につなげることができる二世の教育、前・現職の国家指導者のための教育と、それらを中心とした摂理的活動などについて報告し、アン・ヨンシク、ヨーロッパ大陸会長は、二世の活動への積極的な参加のための原理と祝福教育、二世を中心としたUPF活動などについて報告した。

4a023d6da6866fd115473b9bea62a7f7                         ▲各大陸会長からの報告

各機関との大陸別の報告に続き、真のお母様はみ言を通して、「今回の大会を準備しながら、私達、統一家のすべての食口たちが頑張ったことで家庭連合の位置が一層、高められたことは事実ですが、まだ全世界の70億人類が真の父母様が生涯をかけて広めてこられた祝福の価値を知らないのは恥ずかしい事だと思わなければなりません」と力説された。

また真のお母様は「翌年からは真の父母様の聖誕日を世界中に知らせ、国を挙げて催すことのできる行事として行われなければならない」とされながら、「この地上で父母様がどれほど人類を愛してこられたか、最後の瞬間まで死生決断、全力投球された姿を、全人類に明らかにした時、ために生きる・真の愛の運動が世界的に大きく拡がるに違いありません」と強調された。

真のお母様の恵み深く貴重な、み言を通して参加者たちは、時を逃さない心と姿勢で真の父母様の前に孝子、忠臣、聖人の道理を尽くすことを固く決意した。そして、天一国基元節1周年記念行事を総仕上げする最終日の祝勝会は、梁昌植世界議長の先唱による億万歳三唱をもって終了した。

636157b39663e44051f3ccc554899f7b                           ▲み言をくださる真のお母様
c92acab2242050368ae2eec2a71f902a                      ▲み言をくださる真のお母様
713d8bea37eafc4be8e8c755272ee4ca                              ▲億万歳三唱

 

記事:企画広報局、写真:映像局

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年2月16日. Filed under トピックス, 真の家庭, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*