家庭連合、天一国の憲法発布…「平和世界」具現に力を尽くす


 天地日報|2014.02.13 15:13:04

家庭連合、天一国の憲法発布…「平和世界」具現に力を入れて

 

226384_177232_1321

▲世界平和統一家庭連合は12日、京畿道加平清心平和ワールドセンターで2万人が参加した中で、天一国基元節1周年記念式典および2014天地人真の父母天宙祝福式を挙行した。韓鶴子総裁が、天一国憲法を発布している。 (写真提供:世界平和統一家庭連合)

基元節1周年記念式50カ国2500組天宙祝福式
韓鶴子総裁、最高委員12人を発表…真の父母経奉呈

[天地日報=パク·チュンソン記者]世界平和統一家庭連合(ユギョンソク韓国会長)が、天一国憲法を発布し、平和世界を具現にするために力を尽くすと宣言した。

家庭連合は12日、京畿道加平清心平和ワールドセンターで天一国基元節1周年記念式典および2014天地人真の父母天宙祝福式を挙行した。

天一国基元節1周年記念式典には、天一国の経典である「真の父母経」をギムヨウンフィ編集委員長(前会長)とイジェソク副委員長が奉呈した。真の父母経は、文鮮明総裁の生涯の言葉をまとめた家庭連合の三大経典の一つとして、昨年6月に「天聖経」と「平和経」を最初に出版した。これにより、家庭連合の代表教本に3大経典(天聖経、平和経、真の父母経)がすべて発刊された。

この日韓鶴子総裁は、天一国の憲法を発布した。家庭連合によると、天一国(天一国)は、全人類が願望してきた善の世界だ。天一国の憲法は、このような理想世界の方向性を提示するものだ。

韓総裁は、天一国の最高委員会の委員12人の名簿(ギムヨウンフィ、イジェソク、ギムヒョナム、チェヨンア、ムンフンスク、ユギョンソク、ギムジンチュン、ソンヨウンチョン、小山田秀夫、キム·ギフン、トーマス·ウォルシュ、ポニー·ジョンソン)を発表した。最高位は、天一国の最高議決機関として韓総裁事故ある時韓総裁を代行する重大な権利まで持つようになる。

天一国基元節1周年記念式典の後、2014天地人真の父母天宙祝福式が続いて行われた。祝福式には、50カ国2500組の新郎·新婦のカップルが参加し、全世界194カ国で2万組のカップルも、インターネット生中継を介して参加した。天宙祝福式のイベントは、韓鶴子総裁の主礼で執り行われた。ユギョンソク韓国会長の開会宣言を皮切りに、聖水の儀式、聖婚問答、祝祷、礼物交換、聖婚宣言の順に進行された。

聖水の儀式は、以前のすべての人生を整理して新たな人生に生まれ変わるという意味を持つ。主礼の聖婚問答ワールドセンターに集まった2500組の新郎·新婦は、力強い叫び声で「はい」と答えており、韓総裁の聖婚宣言て天父母様に似て、真の愛を実践する祝福家庭としての第一歩を踏み出すことになった。

ギムセテク前デンマーク大使は、昼食会の祝辞で「文鮮明·韓鶴子総裁が国際社会で朝鮮半島の平和と統一のために活動する姿を見て、尊敬の念を抱いてきた」とし、「幸福と平和の理想世界を追求してきた人類の念願を果たして行くことを願っている」と明らかにした。




coded by nessus
Posted by on 2014年2月13日. Filed under できごと, スポーツ・文化, ニュース, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*