清心国際病院、医療観光の新しい歴史を書いた


2014.01.16 |メディファームニュース(他)

清心国際病院、医療観光の新しい歴史を書いた

国内1号国際病院に融合医療観光クラスタマイルストーン提示

国内1号国際病院で始めて、保健福祉部の発表2011外国人患者誘致1位の病院に選定され、最近では、政府が選定した大韓民国医療観光クラスターのモデルとなった清心国際病院。都市の中心部ではなく、京畿道郊外という意外な場所に位置したにもかかわらず、医療観光のリーダーとして、堂々と位置づけた秘訣は何だろうか?

清心国際病院は、国内1号国際病院として、外国人患者の診療に特化されているところである。患者の30%程度が外国人で、過去2011年には41カ国から7484人の外国人患者を誘致するため、主要な大規模病院を抜いて外国人患者誘致率1位の病院に立った。また、清心国際病院は、2013年、朴槿恵大統領主宰で開かれた「第1回観光振興拡大会議」で、海外患者誘致の活性化を通じた医療観光の育成策の一環として、医療サービスや文化、食べ物、歴史、リゾートなどの観光資源を組み合わせた医療観光クラスタモデルに選ばれた。

現在の清心国際病院があり、場所は京畿道加平郡。外国人医療観光客の密集地域ではないことにもかかわらず、医療観光の中心地になることができた理由は、国内初の国際病院でより早く、積極的に医療観光を準備した絶え間ない自己開発を通じて医療観光のノウハウを蓄積するととも​​に業種間の領域や地域を越えた観光資源を活用し、1次·3次機関との連携など、自然発生的な努力に基づいて、実際の必要による共生的融合医療観光クラスターを造成してきたことにある。

清心国際病院は、グローバル文化教育企業を標榜する清心グループに属している。清心は、清心国際病院をはじめ、教育サービス機関である清心国際中高等学校、ACGエデュ、プレミアムシルバータウン清心ビレッジ、若者や企業のインターンセンター清心国際青少年修練院、水質復元センターと同時に水体験館インウォーターストーリー、清心平和ワールドセンターなどの教育、医療福祉、文化、インフラストラクチャを一緒にする様々な機関が散在している。これに清心国際病院は、中心のショッピングに観光に代わる他の病院のプログラムとの差別化を置いて医療観光の質を高めるために、清心国際青少年修練院、ウォーターストーリー、清心平和ワールドセンター、清心ビレッジなど力を合わせて医療観光の中心で、これを導いて行っている。

まず、清心国際病院は、清心国際青少年修練院と連携して、韓国の伝統風物や韓服、アーチェリー体験を提供している。その中で、韓国伝統のライフサイクルを垣間見ることができる冠婚葬祭の展示館は、外国人に人気のあるプログラムです。

清心国際病院があり、京畿道加平郡の美しい自然、病院側に流れている清平湖は、医療観光の活性化の立役者である。

清心国際病院は、天恵の自然を目でのみ楽しむのに安住せず、さまざまな地域の連携により、外国人が大韓民国の美しい自然を直接体験できるようになりました。

清心国際病院を訪れた外国人患者と家族は、清平湖で遊覧船船上パーティーを楽しんで近くにある高級レストランなベルチストーンに到着してバーベキューパーティーを楽しむ。また、他の外国人は病院で準備した船に乗って、涼しい川風に吹かれながら、韓流の中心である南怡島を探して観光を楽しむ。

しかし、清心国際病院の医療観光クラスターは、地域に限定されていない。

2次機関である清心国際病院は、1次·3次機関との診療協約を通じて外国人患者のニーズを満たすとともに、より効果的な診療と治療システムをサービスしている。現在の清心国際病院は、韓国原子力医学院、ソウル大学病院、三星(サムスン)ソウル病院、漢陽大学病院、春川聖心病院、ウリドゥル病院、リエンジャンソンヒョン外科などの大型総合病院およびその周辺地域の病院との連携を締結して診療予約、検査の結果、共有、入院接続などの診療サービスを提供している。

特に最近清心国際病院は、がん患者の治療の新時代を成し遂げた放射線医学の先駆者韓国原子力学園と手を握った。これは、単純な診療協力締結ではない。診療協力締結を越えて共同がん診療センターを設立し、共同商品開発、広報、マーケティング強化など、新たな融合医療観光のクラスタを作成したものである。

このように、清心国際病院は、韓国を訪れた患者のがんの早期診断と治療、様々な外来診療の接続およびレクリエーションまで結合した新しい診療商品に大韓民国の医療観光の範囲をがんの分野にまで拡大した。

実際のケースで、過去2014年1月9日、ロシアの首脳所見を受けた患者が、清心国際病院 – 原子力学園共同がんセンターを訪問し、全身に転移したがんを発見し、すぐ抗がん剤治療などを計画している。

韓国医療観光の目玉分野である成形も忘れていない。清心国際病院は、リエンジャン整形外科と協力して、清心国際病院本館の間成形のためのアンチエイジングセンター開設、オープンを控えている。「清心 – リエン枚国際整形アンチエイジングセンター」は、清心国際病院の施設と天恵の自然環境と観光資源、リエンジャンソンヒョン外科の技術とノウハウが合わさって世界最高を目指した時に成形センターとして韓国医療観光のレベルを一段階引き上げる期待を集めている。

清心国際病院ウェルネス融複合事業団のガンフンリム団長は「清心国際病院は、融合·複合医療観光商品の開発のために人為的商品結合ではなく、相互の必要による共生的融合商品の開発に注力してきた。特に図の境界を越えて、江原道とは、DMZ医療観光ツアー、ウェルネス商品開発などを進め、無限の協力を通じて、新たな収益を創出している」と説明した。

 

 

【関連ニュース】

20140116110120853




coded by nessus
Posted by on 2014年1月17日. Filed under おすすめ, スポーツ・文化, ニュース, 社会, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 清心国際病院、医療観光の新しい歴史を書いた

  1. Johna132

    Hey would you mind letting me know which web host you’re working with? I’ve loaded your blog in 3 completely different internet browsers and I must say this blog loads a lot faster then most. Can you suggest a good internet hosting provider at a fair price? Kudos, I appreciate it! eadeaeegkeed

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*