聖和1周年 梶栗玄太郎会長を偲んで


天暦11月25日(陽暦12月27日)午前10時半、梶栗玄太郎・日本統一教会第12代会長の聖和1周年追慕礼拝が行われました。

追慕礼拝の様子が統一教会公式サイトに掲載されていますので紹介します。

下記はサイトより一部引用です。

 

_______________________________________

 

梶栗玄太郎会長は、昨年12月26日に聖和(逝去)。享年75歳でした。梶栗会長は2009年7月14日、第12代日本統一教会会長に就任。日本統一教会の社会的評価や信頼を高めていくために、教会の組織強化を図り、牧会者および信徒の信仰指導、後輩育成のため尽力されました。

 

 佐野邦雄総務局長の司会で始まった式典は、全体で黙祷を捧げた後、主礼の徳野英治・日本統一教会会長によるローソク点火、周藤健・日本統一教会副会長の代表報告祈祷に続いて、梶栗会長を偲ぶ映像が上映されました。

 

 梶栗家庭を代表して長男の梶栗正義・天宙平和連合日本事務副総長が証をし、 梶栗会長の生涯に対して、「本当に天に導かれた生涯だった」と回顧。また、梶栗事務副総長が最近、韓国にある文鮮明師の墓前で祈祷した際、「(梶栗会長や文鮮明師は)脈々と私の中に生きている」と実感したエピソードなどを披露しました。

_______________________________________

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2014年1月14日. Filed under できごと, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*