真のお母様、ラスベガスでの新年祝賀の催し 1/7/2014


FamilyFed.org アメリカ家庭連合ホームページ(会員登録要)より

2014年1月7日、韓鶴子総裁は午後4時に韓国からラスベガスに到着され、
天和宮に地元のメンバー約70名が集まる中、新年の祝賀を受けられました。

 *お断り:ラスベガスでの写真をwebsiteから外すようにとのFFWPU-USA本部の指示にしたがってアメリカのHPから写真が全て除かれたのに合わせてお写真を一旦取り除きました。ご了承お願い致します。

文権進・全和延(チャン・ファヨン)様御夫妻、崔妍娥(チェ・ヨナ)様が出席され、お母様を歓迎しました。
司会は金起勲(キム・ギフン)北米大陸会長が務めました。

お母様はまず新年の標語
「創造主・天の父母様に似た 真の愛を実践する天一国の真の主人になろう!」

を宣言され、その後ビジョン2020についてお話しされ、その中で今がチャンスであることを強調されました。

「どのようにして真の主人になりますか?ただ人に『私は真の主人だから尊敬しなさい!』と言っても駄目です。人々から尊敬を勝ち取らなければなりません。真の父母の代身となることでそれを成すのです。自分の責任に喜んで命を懸けるとき、真の孝子、孝女になることができます。」

2014年アメリカでの最初のお母様のみ言はやはり
「伝道が急務である」とくに「若い人を導く事」でした。お母様は昨年、韓国2世指導者トップガン40日修練会参加者の証で大変勇気づけられた内容をお話しされました。私たちはその証の英訳された小冊子を頂きましたがこれは公刊される予定です。

お母様は最後に 

「皆がビジョン2020のために決意を新たにして、今日この日からここラスベガスで開始して、それを全米、全世界に広げて行きなさい。目に見える実績、結果をお返しする時です。今は私たちの全てを天の父母様に捧げて進む時です。」と激励のみ言を下さいました。

*真のお母様のみ言はこちらから

 

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2014年1月10日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*