韓国・家庭連合*2013年仕事納めと送年会


2013年仕事納めと送年会〈韓国・家庭連合〉

 12.31

 天一国元年天暦11月28日(陽暦12.30)

午後4時45分、家庭連合本部職員は、新たにオープンする1階のカフェで、2013年の仕事納め(終務式)と送年会が開催された。仕事納めの前に、まず1階に作られた家庭連合カフェの開所式が行われた。カフェ開所式はユ・ギョンソク韓国会長の奉献祈祷、記念撮影、テープカット、聖別の順で進められた。 

ユ・ギョンソク韓国会長はカフェ開所式奉献祈祷で「協会本部1階に龍山区、一歩進んで韓国にあなたの愛する7千万同胞を抱くことができる小さな憩いの場を用意しました。 この小さな憩いの場は、単に余談を共有する場所ではなく、真のご父母様のみ言を伝え、愛を分かち合う大事な憩いの場であり、天の聖所になることができるように導いて下さることを懇切に願います。 あなたが望む天の歴史を準備していく韓国協会が、装いも新たに用意されたこの憩いの場を中心としてお互いの愛を分かち合う場となりコミュニケーションの場となるよう許諾して下さい」と祈祷した。 

38779cf1d8a42e18c1ab38e3032288e9945b8577c937edf226b99a0d8ef52b2f

 続いて開所したカフェで、協会の役職員全員が集まって仕事納めと送年会を開いた。まず、仕事納めはイ・イングク副局長の司会で開会を宣言し、敬拝、天国歌斉唱、家庭盟誓、シン・インソン伝道教育局長の報告祈祷、ケーキカット、ビデオ上映、イ・ギソン副会長、ムン・ナニョン副会長のみ言、ユ・ギョンソク韓国会長のみ言と祝祷、勝利提議、晩餐会、送年会、閉会宣言の順に進行された。

ユ・ギョンソク韓国会長は仕事納めに参加した職員に、「この1年間本当にお疲れ様でした」と感謝の意を表し、参加した職員は拍手で応えた。続いて、 「しかしこの1年間、最も苦労された方は、誰よりも真のお母様です」と述べ、真のご父母様に感謝の拍手を捧げた。ユ・ギョンソク韓国会長は引き続き 「全く多事多難だったこの1年を振り返り、来たるべき2014年には、不足した私たちの姿ではなく栄光の新時代を出発する2014年の姿になってほしい」と述べた。その後、ユ・ギョンソク韓国会長の祝祷で仕事納めの終務式を終えて直ちに送年会に移った。 

 終務式の後、行われた送年会は夕食会と兼ねて行われた。夕食会に先立ち、イ・ギソン副会長は勝利提議で、「我々はすべての勝利のために、そして熱心に目標に向かって走っていきましょう。ビジョン2020の勝利!勝利!勝利!」と力強く提議した。

1eb5519fa248e5fdac7103aee64b0ec1

 引き続き行われた夕食会で、各部門の代表者が出て年越しの挨拶をして歌を歌った。参加した社員は、拍手を送って終始暖かく和気あいあいとした雰囲気の中、送年会が終わった。協会の役職員は、今回の仕事納めと忘年会を通して過去1年を勝利で終えて、次の2014年に進むことを決意する貴重な時間となった。

f5855f8d4f5ff433f595175284c58e6028b5545dfb8c3c7aaed6c223a7feaac55c4c5e9df36236b2fd6c19b2f497eeb7cab2f794a098fe36c6a1446589553dba558126ee024e8edf16589a947649e23e

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年12月31日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*