【証】 『統一教会を探しなさい』 天の声を聞いて天福宮教会を訪ねた女性 (再掲載)


韓国家庭連合HPより

【証】 『統一教会を探しなさい』 天の声を聞いて天福宮教会を訪ねた女性 

 2013.12.04

 天一国元年天暦10月29日(2013年12月1日)天福宮教会大礼拝に既成教会に熱心に通う人が「統一教会を探して行きなさい」という神様の声を聞き、天福宮教会を訪ねてきました。 

 その女性はソウル市永登浦(ヨンドンポ)に暮らす52歳の女性で、家庭では夫と娘さんに恵まれて幸せに暮らしています。キリスト教の信仰生活を長くされてきた方です。spiritual_testimony_01

 彼女は統一教会について何も知らず、漠然と異端だと噂で聞いていて興味が全くなかった人でした。

 いつも真実で価値ある人生を送ることを願ってこられた方です。 真の人生が何かも知らずに生きていくことが神様の前に罪を犯すように感じられて苦しい毎日を送っていました。

それで真の人生が何か知りたくて、断食祈祷を数回して真の人生が何なのか教えてほしいと天をつかんで切実に祈ってきました。

真の人生が何であるのか知らないまま生きていくのは無意味なことだから神様が教えて下さらない場合は、むしろ霊界に連れて行ってくださいという祈りまで捧げました。

そのように祈りを捧げていると、霊界から声が聞こえてきました。 「統一教会を探しなさい」。夢でもその声を聞きました。最初の数回は半信半疑でした。ところが、何度も声が聞こえるので、とうとう天福宮教会に来ました。 

 天福宮教会で12月1日主日礼拝の準備をするヤン·チャンス牧師が1階入り口で案内の様子を見ている時に、彼女が入ってきました。ヤン牧師は、直感的に新しく訪れた人であることを感じて、ヤン牧師の夫人に案内するように頼み10時30分の礼拝に参加しました。礼拝を終えた後、昼食を一緒にとりながら相談をして、午後1時30分からちょうど開かれる、新しい食口献身礼拝に参加して多くの恩恵を受けました。

 特に聖歌「園の歌」は既成教会では歌わない讃美歌なのに一緒に歌っていると胸がつまって多くの涙が流れました。平日は体の具合が悪い実家のご両親がいて時間をあけることができないので、日曜ごとに礼拝に参加して、その後、午後から天福教育センターで原理教育を受けることを約束して帰りました。

 天福宮教会では、天が働きかけて送ってくださった貴重な天の父母様の娘をよく養育して天の孝女になるように導いてまいります。天の父母様、天地人真の父母様、貴重なあなたの娘を送って頂き感謝申し上げます。

 

 訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年12月31日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*