[月刊朝鮮]北キム·ジョンウン、数回会った韓国人、12月17日に平壌で行われる金正日2周期追悼式に出席予定


韓国・統一グループHP>グループニュース>主要イシュー

[月刊朝鮮]北キム·ジョンウン、数回会った韓国人

12月17日に平壌で行われる金正日2周期追悼式に出席予定

▲平和自動車パクサングォン社長が2013年7月30日、キム·ジョンウンと会話している。

▲平和自動車パクサングォン社長が2013年7月30日、キム·ジョンウンと会話している。

韓国人でありながら、キム·ジョンウンが直接会った人は何人もなるのか。キム·ジョンウンをすでに二回会い、来る17日三回目に会うことになる平和自動車パクサングォン社長は、厳密に言えば、米国市民権者だが、韓国で生まれた韓国人であり、海外と対北事業のために米国の市民権を一歩遅れて取得したケースだ。正式にキム·ジョンウンを複数回会ったほとんど唯一の韓国人とすることができる。彼は1990年代初めから20年間200回以上北朝鮮を出入りし事業をしてきたし、12月17日に平壌で行われる金正日の2周期追悼式にも招かれて出席し、キム·ジョンウンに会う予定だ。

 

[ÝÁ ÃÖ±Ù¸ð½À]¸¶½Ä·É½ºÅ°Àå ÃÑ°èȹµµ

2011年の最初の出会い、2013年には歓談分け

1999年に設立された韓国 – 北朝鮮の合弁会社の平和自動車代表のパク社長が最初にキム·ジョンウンに直接会ったのは2011年12月、金正日弔問時だ。彼は当時、統一教世界会長だった文亨進氏(文鮮明統一教総裁の7男)と一緒にDMZを越えて陸路で平壌を訪問した。当時、国内の弔問客だったイ·ヒホ夫人や玄貞恩会長よりも先に北朝鮮に到着した。パク社長と文亨進会長などの一行がすべてアメリカ国籍だからこそできることであった。パク社長は喪主だったキム·ジョンウンに握手と弔問の言葉を伝えたし、キム·ジョンウンが主催した夕食会に出席した…. [続きを読む]

 




coded by nessus
Posted by on 2013年12月18日. Filed under ニュース, 国際情勢, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*