「苦労と功労に感謝を捧げる」 久保木会長など8名の合同追慕礼拝を開催


統一教会公式サイトに掲載されている記事を紹介します。

教会の発展に大きく貢献した久保木修己・日本統一教会初代会長ら8名の合同追慕礼拝が行われました。

下記は公式サイトより一部引用です。

 

______________________________

1d338e0b53164dbfc0dc5cd4147f5a78-300x196天暦11月11日(陽暦12月13日)午前10時半から本部教会の礼拝堂において、「合同追慕礼拝」が行われました。

 今回は、久保木修己・日本統一教会初代会長、櫻井設雄・第5代会長、石井光治・第6代会長、「三役事」の松本道子さん、金成治子さん、林信子さん、「12双家庭」の大山高誉・方美夫妻、8名合同の追慕礼拝となりました。

 

 佐野邦雄総務局長の司会で始まった追慕礼拝は、主礼の徳野英治・日本統一教会会長のローソク点火、小山田秀生・UPF日本共同会長の代表報告祈祷の後、8名を偲ぶ映像が上映されました。 

 

 全体で献花を捧げた後、徳野会長が説教を行い、まず8名の苦労と功労に感謝し、全体に拍手を促しました。徳野会長は「松本ママの命懸けの宣教精神」や「久保木会長の偉大さ」などを証しながら、「後輩や後世のため、天のみ旨のために苦労されたことに、後輩の一人として感動します」と思いの丈を語りました。また、最近の韓鶴子総裁のメッセージを紹介し、「“ウリヌンハナダ(私たちは一つだ)”は永遠の教訓である」と訴えました。

______________________________

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年12月17日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*