全国成和学生、原理講義の頂点が決定


統一教会公式サイトに掲載されている「全国成和学生原理講義大会」の様子を紹介します。

今年で5回目の開催となる全国成和学生原理講義大会は、中和文化祭の東日本大会、西日本大会を上位3位で通過した優秀者の高校生による原理講義大会です。

下記はサイトより一部引用です。

______________________________________

de31ba114376db67fc04a6ab1379a43d-300x19612月1日(日)、東京・渋谷の本部教会礼拝堂において、第5回「全国成和学生原理講義大会」が開催されました。本大会は、全国中和文化祭・原理講義部門の決勝大会でもあります。中和文化祭の原理講義部門は、中和文化祭の第1回から行われてきましたが、「全国成和学生原理講義大会」として行われるようになって今年で5回目となります。本大会はインターネットを通じて全国の教会へ中継されました。

 

 本大会の出場者は、中和文化祭の東日本大会、西日本大会を上位3位で通過した計6名の高校生です。東・西日本大会へは各地区大会の優勝者が出場したため、本大会の出場者は、教区、地区、東・西日本大会を勝ち抜いてきた全国の優秀者です。

 

 大会は、主催の伝道教育局・阿部美樹局長の激励から始まりました。その後、今年の中和文化祭から新設された中学生の部門であるチャート原理講義部門の東・西日本大会優勝者2名の模範講義が行われました。その両名は中学2年生の女子学生でした。

______________________________________

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年12月16日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*