韓半島の統一と東北アジアの平和のために立ち上がれ【2013天一国元年世界指導者前進大会】


韓半島の統一と東北アジアの平和のために立ち上がれ
– 天一国元年世界指導者前進大会-韓国家庭連合ホームページより

f20bf5d13ad5932721f71a6e3fc801b5

危機に瀕している韓半島と北東アジア情勢を収拾するために、全ての摂理機関が一つになって、韓半島の統一と東北アジアの平和に向けての前進大会を開く必要があるという真の父母様のみ言に基づいて、天一国元年天暦11月13日(陽暦12・15)清心平和ワールドセンターで「韓半島の統一と東北アジアの平和のための天一国元年世界指導者前進大会」が開催された。

寒さにもかかわらず、清心平和ワールドセンターは、18,000人以上の指導者たちが場内を埋める中で、統一と平和の新時代を念願する参加者の熱気に包まれた。

世界平和統一家庭連合、天宙平和連合、世界平和女性連合、南北統一運動国民連合が共同主催し、統一部、民主平和統一諮問会議、世界日報が主催したこの日の行事は、柳吉在(リュ・ギルジェ)統一部長官と民主平和統一諮問会議の玄敬大(ヒョン・ギョンデ)首席副議長のお祝いのメッセージ朗読で始まった。

続いて、日本から参加した約200人の指導者代表は、「韓国と日本が結束しないと希望の道が開かれない」とし、「アジアを越えて世界を眺める広い視野を持って、韓半島の統一と東北アジアの平和に向かって進もう」と祝辞を述べた。

5a79841912b21f65cb170dd5ff03615d

米国代表として祝辞を述べたサム・ザケム・元駐バーレーン米国大使は最近、北朝鮮の核問題と北東アジアの葛藤状況が真の父母様の平和のビジョンとは残念ながら距離があるとし「真の父母様は、すでにこのような状況を解決するための選択肢を提示される活動をされた」と述べた。また、真の父母様が米国でダンベリー収監のご苦労をされたことをアメリカ人の一人として謝罪しながら、これまで自分はコロラド州の上・下院議員として、また駐バーレーン米国大使として活動したが、 「真の父母様によって平和大使に任命されたことを最も誇りに思う」と告白して、参加者たちの熱い拍手を受けた。

続いて、韓半島の統一と東北アジアの平和のために、天一国元年に活動してきた世界平和女性連合、南北統一運動国民連合、天宙平和連合、世界平和統一家庭連合の2103年の活動報告と2014年の活動計画の発表があった。

faeda5d6e4100a83ae56cedf6d8bdbbd90f72005ab3ad5c5243945ff61a3ec50

祝歌と映像上映が終わった後、参加者たちを代表してソン・グァンソク南北統一運動国民連合事務総長とチェ・ヨンソン世界平和女性連合事務総長が真の父母様に花束を贈呈した。

188b5331736700da188c145e160b2452

             参加者たちの歓呼の中、壇上に立たれた真の父母様

「今日、私たちは、この一年を締めくくる式典で新たに開始される2014年、新しい時代、新しい希望とともに迎えることができる準備をする時間を迎えました。・・・今日ここにお集まりの来賓、平和大使、指導者の皆さんが一線で責任を全うして下さらなければなりません。天の摂理は待ってくれません。」と話され、真の父母様建学の理念に立てられた「愛天、愛人、愛国」の理念を説明されて「我が国だけでなく周辺の国が天と民、国を愛する心があるならば東北アジア平和はもちろん世界平和に進むことができる。 平和大使と指導者が率先して「愛天、愛人、愛国」の心情で一つになるならば世界平和はアジアから世界へ伝播します。統一家の祝福家庭と平和大使は内実を固めながら天の願いと、人類の希望を成し遂げて差し上げるその日のために皆で共に勇進しましょう」と励まされた。

美しい姿と清らかな声で真を尽くして語られた真のお母様に参加者たちは深い感動を受け、天の願いを成して差し上げる指導者になることを決意する決議文を朗読。参加者を代表してカン・ブイル、チョ・グンソク平和大使協議会長が出て決議文を朗読した。

eaef7722e18a6ae7bdb6c88de1b4cbd7

    前進大会のすべてのプログラムを成功裏に終えて、宋龍天・日本総会長が億万歳三唱を先唱した。

a3016c58c6beb0d1467f919034973e2c 

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年12月16日. Filed under トピックス, ニュース, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*