米国 WSJ も注目した城南一和サッカーチームの消滅


 

スポーツ朝鮮

米国 WSJも注目した城南一和サッカーチームの消滅

記事入力| 2013-12-04 18:41:47

2013120501000430900024491

 

‘한국 통일교가 성남 축구단을 팔았다.(South Korea’s Unification Church to Sell Seongnam Soccer
Club )’

「韓国統一教が城南サッカーチームを売却した。(South Korea’s Unification Church to Sell Seongnam Soccer Club)」

米国の有力メディアウォールストリート·ジャーナル(以下、WSJ)が城南一和の最後に注目した。 「統一グループが25年の歴史のK-リーグ代表球団城南一和を売った」と書いた。

WSJは、先月26日長文の記事を1989年城南一和の誕生の背景と成長、そして昨年の文鮮明統一グループ総裁死去後、急激に崩れるようになった理由と過程を詳細に説明した。

故文総裁の格別のサッカー愛を紹介した。 2012年7月22日、故文総裁が最後に出た公式舞台はピースカップグラウンドであった。 WSJは、昨年のピースカップ当時ハンブルグ所属ソンフングミンと優勝トロフィーを持ってパッと笑う故文総裁の写真を載せた。 「ブラジルのレジェンド」ペレと協力してピースカップを創設。イタリアのユベントスなどの強豪を韓国に招待し、城南と親善試合を持たせたし、競技場に来ていない日も自宅で特別な中継を介してTVに城南の試合を見守った熱意を述べた。しかし、文総裁死去後、グループ内のサッカーチームへの関心も一緒に消滅した。ピースカップは中断した。サッカーチームの経営にも手を離すことにした。

「今後、統一グループは、教会中心に行くだろう。教会以外の他の活動はすべて縮小されるだろう」という統一グループのスポークスマンのコメントを紹介した。統一グループが経営するブラジルの下部リーグの2つのサッカーチームは、しばらくそのまま運用する見通しだ。

WSJの報道内容の中に顔が赤くなるの誤報もあった。 「かつてはホームの観客749人を記録するなど、最小の観客を記録した城南の最後のホームゲーム23日、大邱戦には2万人を超える観衆が埋まった」ということだ。 MLSの常識では、25年の歴史を持つチームのお別れ戦なら2万人以上の観客が埋まって当たり前だとしたのだ。この日炭川運動場で城南の最後のホームゲームを見守った観衆は2156人だった。

25年の歳月を城南一和の首長として働いて来たバクギュナム団長の最後のホームゲームのコメントも生き生きと発表した。 「城南一和は、歴史の中に消える。しかし、城南は市民球団に再結成される。最高の市民球団ができるようにファンの皆さんが助けてくれ。私も城南市民球団のために毎日祈ります。」

サッカーは世界の人々のスポーツだ。サッカーチームの価値は、単純なお金や算術的なその数字以上である。城南のファンの言葉の通り、Googleの検索窓に「城南(Seongnam)」を打てば「城南一和」のページが最も多く浮かぶ。統一教会も「城南一和」に記憶される。 25年の勢いに乗ってきた城南一和の消滅は、統一教会のイメージと直結している。誰よりもサッカーを愛していたオーナーと一緒にサッカーチームも消えた。地球の反対側でも、K-リーグ代表球団城南一和の消滅過程を見守っている。
ジョンヨウンジ記者sky4us@sportschosun.com




coded by nessus
Posted by on 2013年12月4日. Filed under スポーツ・文化, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*