トピックス

第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門と原理講義部門

投稿日:

第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門2013年11月17日、群馬県藤岡市のみかぼみらい館で中和文化祭東日本大会が開催され、各地区大会を勝ち抜いてきた優秀者が参加、スピーチ部門、チャート原理講義部門(中学生)、原理講義部門(高校生)の間で競われました。

同大会のメイン会場である大ホールで開かれたスピーチ部門では、“勝利”をテーマとし、家庭・教会・学校での勝利体験や、社会的に認められるような“長子圏復帰”を証しする内容の弁論が競われました。テーマにふさわしく、西東京教区の高校3年女子が、「世界に神様を証しする第一歩」の題で語り、みごとな優勝をおさめました。当初の進路志望であった看護士から、高校3年になって、教会の公職者になる志望に転換、進路希望を韓国留学と書いたことで、クラスの先生や、将来の結婚や恋愛で悩む友人たちに思い切ってうち明け、証しをするきっかけになった話を語りました。さらにその友人たちが5地区大会に応援にかけつけてくれ、周囲の人たちに実際によりよい影響を与えている証明ともなりました。

また、同大会では別室で平行して、チャート原理講義部門(中学生)と原理講義部門(高校生)のコンテストが行われました。今年から始まったチャート原理講義部門は、茨城教区の中学2年女子が創造原理の「被造物世界の創造過程とその成長期間」の講義で優勝。原理講義部門では、東東京教区の高校3年女子がホワイトボードを使い、予定論の「み旨に対する予定」について、実にわかりやすく、かつすばらしい講義をして優勝しました。なお、原理講義部門の優勝者は2013年12月1日に東京の本部教会で開かれる全国原理講義大会に出場します。

第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門 第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門

1位-西東京・高3女子       2位-茨城教区・高3女子

第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門 第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門

3位-南長野教区・高2男子       東静岡教区・高2女子

第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門 第17回中和文化祭東日本大会 スピーチ部門

北北海道教区・高2女子         宮城教区・高1女子


第17回中和文化祭東日本大会 原理講義部門 第17回中和文化祭東日本大会 原理講義部門

1位-東東京・高3女子       2位-西埼玉教区・高1男子

第17回中和文化祭東日本大会 原理講義部門

3位-西神奈川教区・高2男子                 

大会にエントリーした出場者一覧と優秀表彰者は次の通り。

●スピーチ部門 テーマ「勝利」
1位 西東京教区  高3女子「世界に神様を証しする第一歩」
2位 茨城教区   高3女子「神様からのプレゼント」
3位 南長野教区  高2男子「掃除で勝利!」
(以下は出場順)
   東静岡教区  高2女子「気づいたら愛を与えていた世界」
   北北海道教区 高2女子「すべて振り返ってみたら神様の愛だった」
   宮城教区   高1女子「真の孝女となるために」

●チャート原理講義部門 全章より
1位 茨城教区   中2女子「被造物世界の創造過程とその成長期間」
2位 東神奈川教区 中2女子「創造目的」
3位 北東京教区  中2女子「神が人間始祖の堕落行為に干渉し給わなかった理由」
(以下は出場順)
   南北海道教区 中2男子「アブラハムを中心とする復帰摂理」
   宮城教区   中2女子「創造目的」
   北長野教区  中2男子「救いの摂理・終末・終末と現世」

●原理講義部門 全章より
1位 東東京教区  高3女子「み旨に対する予定」
2位 西埼玉教区  高1男子「人間を中心とする無形実体世界と有形実体世界」
3位 西神奈川教区 高2男子「重生論と三位一体論」
(以下は出場順)
   群馬教区   高1女子「総序」
   宮城教区   高3女子「重生論と三位一体論」
   北北海道教区 高1女子「創造目的」

-トピックス
-

Copyright© familyforum , 2020 All Rights Reserved.