大母様第24回追慕礼拝を開催


天一国元年天暦10月5日(陽11.7)午後7時、シンムンロにある大母様記念館で「ホン・スネ 大母様24回追慕礼拝」が約150人余りが参加した中で清平修練院チェ・ジェソン局長の司会で挙行されました。

 

377c8747abbf2ab6e43df463c0d596d7

 

 

 

追慕礼拝はユ・ギョンソク韓国会長のロウソク点火で始まり開会宣言、天一国歌斉唱、敬拝、家庭盟誓、ファン・ボグン教区長の報告祈祷、各界代表の献杯および敬拝、ユ・ギョンソク韓国会長の追悼辞と祝涛、黙祷、閉会宣言の順で進行されました。

ユ・ギョンソク韓国会長は追悼の辞で「大母様はいつも終始一貫した心で真の父母様と真の御家庭の安全を心配しながら祝福家庭の人生の中で真のご父母様の大事な価値があらわれることを願われました。」と話し「一生を忠心奉天の心で生きてこられた大母様の第24周期追慕礼拝を通じて私たちの忠心を呼び覚まして真のご父母様が望む基準を成し遂げていくことができる祝福家庭になることを願います」と語られました。

 

 

記事元:韓国家庭連合公式サイト

 




coded by nessus
Posted by on 2013年11月8日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*