[PeaceTV] [今日のみ言] 「天宙平和連合」創設 他 9月9日~9月15日(陽暦10月13日~10月19日)


[今日のみ言] 「天宙平和連合」創設 他 9月9日~9月15日(陽暦10月13日~10月19日)

登録日:2013-10-14

 

「天宙平和連合」創設大会

「天宙平和連合」を宣布するのは、独立するときの独立宣言と同じです。宣言文と同じ内容です。父子関係の家庭を中心として、定着する内容を明らかにしたのです。血統と相続権、相続権の上に創造の偉業、それは父子関係にすべて入ります。神様の代わりに対等な位置で生活し、相対できる天運を完成させることができるので、地上、天上天国の理念を完成させる、相対的な基準から離れることはできないのです。

これからは、超世界的な次元でアベル圏とカイン圏が一つになり、「アベル国連」の立場で出帆した「天宙平和連合」と一体を成し遂げなければなりません。公式です。そして、この地に平和理想世界王国を創建するために、超宗教超国家的な次元ですべての国境と塀を撤廃しなければなりません。そうして、全人類が本然の創造理想世界に進入でき、アダムとエバの堕落によって失われた本然の所有権までも探し立てるべき宿命的責任があるのです。(天聖経12259、10項)

 

 

 

「天地父母天宙統一解放圏」宣布

真の父母様は、実体世界で超民族的な祝福の因縁を中心として祝福しています。これが連結されることで、地上で個人、家庭、氏族、民族、国家の解放圏が成されます。その解放圏は、霊界で成されるのではありません。真の父母を中心とした、すべての霊界と肉界が一つとなって、統括的な面で総清算をし、個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙まで祝福の完成を成さなければなりません。そうして、霊界と肉界の祝福家庭の一体化圏が広がることによって、堕落していないアダムを中心とした天国の理念の基盤が、歴史上のすべての家庭を中心として同一的な価値をもった位置で地上天国と天上天国が顕現するところに神様が臨在するのです。神様は縦的な父母であり、真の父母は地上を平準化することのできる横的な父母です。それで、七・八節を中心として「天地父母天宙安息圏」の宣布によって新しい時代が出発した基盤の上に、九・九節を中心として完全に超えるのです。(み言選集303-2581999.9.9




coded by nessus
Posted by on 2013年10月20日. Filed under コラム, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*