【週間傾向】 朝鮮半島のロードマップ国際セミナー平壌で開かれるか


2013 10/15ㅣ週間傾向 1046号から:

6カ国協議の米国側首​​席代表務めたクリストファー·ヒル米現地インタビュー記事(一部抜粋)です。

 

[外交] “北の原子炉再稼働、中国の反応焦眉の関心”

北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働しているという証拠が一つ二つ現れている。北朝鮮は4月初めに寧辺原子炉の再稼働の準備に入ってと発表し、8月末から再稼動に入ったと推定されている。

6カ国協議の米国側首 ​​席代表を務めたクリストファー·ヒル前米国務次官補(米国デンバー大教授)は9月26日”週刊傾向>とのインタビューで、北朝鮮の寧辺の原子炉の再稼働について、”我々は非常に困難な状況に置かれていると思う”とし、”中国が対話プロセスで原子炉再稼働を敵対的な行動とみなされるかどうかが焦眉の関心事”と話した。

ヒル前次官補は9月26日、ワシントン·タイムズ財団と天宙平和連合が米ワシントンで共同主催した’韓半島ロードマップ”というセミナーに参加した。この日のセミナーに先立ち、米国ワシントン大学クラブで行われたインタビューで、ヒル前次官補は、映画”グラウンドホッグデー”、テストの選択肢、事前料理など様々なたとえを北朝鮮の核交渉を説明した。しかし、元外交官らしく、朴槿恵政府の対北政策の評価の熱心な質問には、 “韓国国民が選択すべき問題”として避けた。


クリストファー·ヒル前米国務次官補

詳細は機械翻訳(こちら)からご覧ください。

 

 

 




coded by nessus
Posted by on 2013年10月10日. Filed under ニュース, 国際情勢, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*