[PeaceTV] [今日のみ言]「八定式」宣布 他 8月25日~9月1日(陽暦9月29日~10月5日)


Home > 教育 > 今日のみ言

[今日のみ言]「八定式」宣布 他 8月25日~9月1日(陽暦9月29日~10月5日)

登録日:2013-09-30

 

「八定式」宣布(1989.8.31、米国コディアック)

八定式とは何でしょうか。僕の僕、僕、養子、庶子、直系の子女、母、父、神様までの縦的八段階と、個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙、神様までの横的八段階において完全に勝利したということを意味する式です。この縦的蕩減路程と横的蕩減路程を八段階路程として経て、定着することにより長子権復帰が起こり、この地、世界の人間の前には蕩減の路程が解消されたという式が八定式です。この八定式をすることによって、そのようになるのです。

長子権が復帰され、父母様が抱くことによって父母の愛の圏内から長子権復帰のための歴史時代の戦争史、闘争史がなくなり、愛によって和合できる、蕩減する必要がないときに入ったというのです。そのようなことをするためには、八定式をしなければなりません。

八定式をすることにより、その息子、娘を、長子と次子を前に立てた父母が、このような子女たちを赦してあげたので、その次には父母の赦しの時代が来るのです。(天聖経4篇3章1節20項)

 

 

 

「世界平和宗教連合」創設(1991.8.27、ソウル)

宗教圏は連合しなければなりません。今までは、宗教圏が政治問題に関与しませんでしたが、今からは本格的に、心が体を指導するように、宗教圏が政治の分野に完全に影響を及ぼすことができるように主導的役割を果たさなければなりません。見えない心が無限の力の背景を備えているのと同様に、宗教圏が連合運動をして、それこそこの世界を指導しなければなりません。それで、「世界平和宗教連合」を創設し、そこに対峙して「世界平和連合」を創設したのです。

人間の堕落以後、心と体が分かれて、歴史時代に闘争過程を通してきた歴史の方向を、前進的な摂理の発展に従って収拾し、自由世界と共産世界、左翼と右翼を神様のみ旨の前に収拾しなければなりません。右翼がこの責任を果たせませんでした。共産主義の無神論が有神論を完全に蹂躙してしまいました。その結果、神様を離れた世俗的人本主義思想が再現しかねない時代に移っていきます。これを防ぐために、どのようにしなければならないのでしょうか。連合的宗教体制が必要なのです。(天聖経10459項)

 

Posted by on 2013年10月1日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*