映像「進化論の終着点」を公開


統一教会公式サイトにて新たなに映像「進化論の終着点」が公開されました。

この映像は原理講義副教材として制作されたもので、「進化論」をテーマに扱っています。
現代の最先端の進化論は、提唱者ダーウィンが考えもしなかった姿に変貌し、創造主である神の存在をも認め始めています。

チャールズ・ダーウィンは「種の起源」(1859年)を著し、進化論を世に広めました­。生存に適した生物が、競争に勝ち抜いて子孫を残し、進化してきたと考えたのです。
長い期間、彼の進化論は科学的真理であるかのように扱われてきました。ところが、最先­端の進化論は、ダーウィンが考えもしなかった姿に変貌を遂げています。生物は競争せず­「共生」することを明らかにし、創造主である神の存在さえも認め始めているのです。
この動画では、進化論がどのような終着点を迎えたのか、詳しく解説しています。

 

Posted by on 2013年9月25日. Filed under トピックス, 動画. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*