第2回「Jr.STF台湾国際修錬会」レポート


中和新聞速報版サイトに掲載されている記事を紹介します。

以下はサイトより引用です。

 

___________________________

 

e1774aeb0207673eb3c3e6e832266cf6-300x1967月29日から8月9日まで、台湾の淡水修錬所において、今回で2回目となる台湾国際修錬会(主催:成和学生部)が行われました。『大無畏 無限超越 邁向真孝子之路』(何も恐れず、全てを超えて、真の孝子の道を突き進もう!)というスローガンを掲げた修錬会には、台湾から48名、日本から25名、タイから2名、中国本土とマカオから1名ずつの計77名の中高生が参加しました。

 

 昨年初めて、台湾の地で二世の国際修錬会を開催してから丸1年が経ち、昨年参加していた台湾の修錬生の姿も多く見受けられました。今回は台湾側も日本のJr.STF選抜を踏襲して、国際修錬会に参加するための選抜試験を行い、原理試験・面接・体力意志力試験を行いながら、非常に強い志を持った上で、他国の二世を招いての修錬会となりました。

 

 修錬会では、各国を交えた班に分かれて講義、体験教育、英語での交流、ホームステイ、行軍などを行いました。スケジュールが進むにつれ、言葉や文化の違いから葛藤や摩擦が日々生まれましたが、それを乗り越えて“兄弟姉妹”を愛していこうとする時、そして、修錬会を全体で勝利的なものにしていきたいと歩む中で、国や文化を越え、全体が一体となった素晴らしい修練会となりました。

__________________________

 

記事の続きは中和新聞速報版サイトをご覧ください。

 

Posted by on 2013年9月24日. Filed under できごと, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*