『暖かい宗教になる』 梁総会長対談 韓国月刊誌【新東亜】9月号から


韓国月刊誌【新東亜】9月号から

統一教会の文鮮明総裁1周忌を迎え、複数のメディアが記事を書いている。文総裁が他界した後、多くの人が’文鮮明は、どんな人物だったのか?””文鮮明の統一教はどうなるのか?”ということに関心を持っているからである。ソウル龍山区青坡洞世界平和統一家庭連合(統一教の正式名称)本部で梁昌植(ヤン・チャンシク)韓国総会長に会って、このテーマについて対話した。

 

文鮮明世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合や統一教)総裁は、昨年9月3日92歳でこの世を去った。国内のソーシャルネットワークサービス(SNS)は、熱い反応を見せた。 CNN、BBC、アルジャジーラ放送、ニューヨークタイムズ、AP通信、読売新聞 などの海外メディアが文総裁の死亡記事を一斉に特筆大書するのを目撃して驚きを禁じえなかったのだ。

最も重要な新興宗活動家

‘文鮮明がこんなにすごいのか?’という、一種の”文鮮明の再発見”だった。当時、インターネット版マネートゥデーは、ツイッタリアン(Twitter愛好者)の表現を記事にした。 “わぁお!… CNNが文鮮明死亡を短信ではなく、ライブで現地記者が報道した””米国では韓国の大統領の名前は知らなくても、金正日と文鮮明は、知っている人が結構多い””日本のTwitterのトレンドも文鮮明死亡の知らせのあと…””議論も多いが、実際に影響力の大きい人物であるようだ “”好き嫌いは別にして20世紀の韓国が生んだ最も有力な国際的な人物の一人”などであった。アイリーン・バーカー(ロンドン大学政治経済学部教授)は海外メディアとのインタビューで、”文総裁は、1960〜70年代に欧米を席巻した新興宗教運動で最も重要な人物”だと評価した。

ヤン・チャンシク世界平和統一家庭連合韓国総会長に、昨年の葬儀の雰囲気はどうだったか、ということから聞いてみた。ヤン・チャンシク総会長は”世界の信徒たちが大きな衝撃を受けた。私たちは、死を”聖和“と表現する。天国に行って神聖な存在で生きると見る。切ない中ではあったが、敬虔な心で送ってさし上げた”と話した。家庭連合によると、文総裁の葬儀は13日葬で行われ、その場面がインターネットで世界各地の追悼式場と信徒たちにリアルタイムで中継された。弔問客が国内25万人、全世界805万人に達し、弔意金として500億ウォンが殺到したという。文総裁は、1920年に平安北道の定州のキリスト教の家に生まれ、日本留学を終えた後、牧師の道を歩んだ。 1954年ソウルで独自の教義をつくり、家庭連合の前身である”世界基督教統一神霊協会”を創始した。引き続き、梁総会長との会話の内容である。

▼大規模な葬儀だったようですね。現在の家庭連合の教勢はどの程度ですか。

“文総裁は、1958年から日本、1959年からはアメリカに宣教師を送り始めました。 1975年には米国の宣教機関から120カ国に宣教師を派遣しました。現在、194カ国に300万人の信徒がいます。韓・米・日を中心に43カ国に選択集中をする方針です。韓国は、私たちの信仰の祖国であるため、韓鶴子総裁(文総裁の夫人)は韓国教団の成長に大きな関心を持っています。”

‘日本国内影響力2位’

▼    文総裁は教団の創始者として信徒の間で影響力が絶対的だったようです。文総裁が他界した後、教勢が萎縮したりはしないのですか。

“その反対のようです。本来人物は死後にその生涯と業績がさらに浮び上がったりするでしょう。文総裁の聖和は、文総裁の理想と教義、価値観を確立するきっかけとなっています。

7月20日付の日本の雑誌『週刊現代』の報道によれば日本国内26万ある宗教団体の中で家庭連合が‘創価学会’に続き二番目に影響力が大きい宗教団体であることを指摘すると、梁総会長は、「キリスト教など、どんな外来宗教も日本では根を下さなかったが家庭連合は例外であり、堅固である。ロシア、中国はもちろん、インドネシアなどイスラム圏でも教勢を拡大している」と話した。例えば、マレーシア国会議員50人余りが文総裁の理念を積極的に支持しており、このうち20人が10月に家庭連合行事に参加するために入国する予定だという。

▼     韓国人が作った宗教が日本人にアピールするというのは珍しいことですが。 その理由は何でしょうか

“第2次世界大戦後日本社会が高度に産業化しながらも多くの日本人が疎外感、精神的価値の貧困のようなものを感じました。 文総裁がこの問題に答を与えたと見ています。 日本人は文総裁を韓国人と見るよりは、人生の友と感じるようです。 私たちの教団を訪ねる日本人の大部分は大卒以上の学歴を持っており名門大学出身者も多いです。

” 統一教会は宗教•企業複合体の性質を持つ。宗教部門の中核は、家庭連合であり、事業の核心は、世界基督教統一神霊協会維持財団(以下、統一財団)である。文総裁死去後、韓鶴子総裁が両部門を率いている。

統一財団傘下の統一グループは、レジャー、製造、建設、言論分野など様々な系列会社を含んでいる。成苑建設、世界日報、世一旅行代理店、アジア海洋、龍平リゾート、一成海洋産業、、一信石材、一和、統一スポーツ、JC、TICなどがそれである。これらの企業は、資産1兆8000億ウォン、年間売上高が6000億ウォンと推算される(2011年基準)。梁総会長は、統一教会と統一グループを統括する総会長を務めている。

このほか、統一教会関連教育、医療、海外の報道機関としては、鮮文大学校、清心神学大学院、清心国際中•高校、仙和芸術高校、仙和中学校、景福小学校、清心国際病院、清心ビレッジ、UB大学(米国)、”ワシントン·タイムズ”(米国)、UPI通信社(米国)などがある。

統一教は国内外に多数の不動産も所有している。 ソウル、汝矣島(ヨイド)パークワン敷地、龍山区統一教本部、龍山区総裁公館、麻浦区、桃源ビルディング、城東区子供芸術団敷地、京畿(キョンギ)利川(イチョン)鮮文総合大学敷地、京畿(キョンギ)加平郡(カピョングン)清平修練苑一帯、京畿(キョンギ)坡州市(パジュシ)統一教公園墓地などがある。 ブラジルでは忠清北道ほどの面積の土地を保有している

統一教が企業活動を活発に行っている点について、ヤン総会長は“文総裁の持論”と説明した。

 良心第一家庭第一 

▼     宗教機関が大企業のように色々な会社を経営する例は多くありませんが。

“多くの宗教は来世指向的だが文総裁は‘地上で天国が成さなければならない’と見ていました。 そうするためには物質も必要でした。 ビジネス基盤を作らなければならない。 文総裁が一番最初に手をつけたのが工作機械事業であったし慶南、昌原に統一重工業をつくりました。 この会社出身の技術者が現代、サムスン、大宇に大挙進出して我が国の重工業の基礎を作りました。 文総裁は我が国が‘パワー’も持つべきだと見ました。 系列会社でバルカン砲を初めて作った時、朴 正煕(パク・チョンヒ)大統領(朴クネ現韓国大統領の父)が直接、やって来て試験発射をしました。

▼  江原龍平リゾート、全羅南道麗水のオーシャンリゾートのような大規模なレジャー施設を建設運営するのも地上天国実現のためですか。

“人間が最後に定着しなければならないのは趣味生活でしょう。 生活の余裕を感じるような領域を広げようというのが文総裁の意図でした。”

▼  不動産を多く保有している点も目立ちますね。

“投資や投機目的は一切ありませんでした。 買ったとしても売ったことは殆どないですから。 また、統一教のすべての資産は教会資産として登録されています。 家一軒、土地一坪も文総裁名義になっていません。 文総裁は無所有で生きました。”

▼  世界日報を創刊する時、実力のある記者たちをたくさんスカウトしたと聞きました。

“その新聞を作る時の夢が本当に大きかったのです。 愛天、愛人、愛国の社是と祖国統一の政論、民族の精気の発揚、道義世界の実現という社旨を持ってスタートしました。 7月27日ソウル、衿川区(クムチョング)、加山洞(カサンドン)で光化門(クァンファムン)交差点付近に編集局を移しました。 記者たちも気に入っており、第2の誕生を図っています。 最初のビジョン通り行くように考えています。”

▼  梁総会長はどのような縁で、文総裁に会うことになりましたか。

“43年前に故郷である全羅南道咸平で高校に通っていたときに”人はどこから来て、どのように生きて、どこに行くか”について漠然と悩みました。こうした中で『大きなビジョンを持った人がソウルにおられる』という話を偶然聞きました。夏休みに一週間かけて徒歩でソウルに上京して、文総裁に初めて出会いました。その言葉に触れて高麗大の哲学科に進学して、その後、神学の研究(米国ニューヨーク神学大学院博士)をしました。”

 

 ▼  ヤン総会長が見て一般人が注目すべき文総裁のメッセージは何ですか.

“文総裁は、『人は胎内で10ヶ月を生きて、地上で100年を生き、聖和後は、永遠に生きる』と述べています。地上の人生は来世のための成長過程ということです。そのためには良心に逆らわずに生きなさいと言います。良心は、親よりも、絶対者よりも先にある。良心第一主義です。

第二は、家庭第一主義です。 『地上天国は、家庭の中にある』と述べています。家庭が天国の基地であり、家庭の平和なくして、個人の平和、国の平和、世界の平和があることはないと述べています。婚前の純潔を守り、結婚後は貞節を守り、家族間の愛と信頼で暮らしていれば、それによって多くの苦悩が解決されて真の幸福が訪れるといいます。統一教が世界的に広がったのは、人類の普遍的価値である家庭を生活の中心に置いているからだと思います。”

故•文鮮明統一教総裁と夫人、韓鶴子総裁。


異端論争
 

▼  教団名(世界平和統一家庭連合)に’統一’と’平和’という単語が入る理由は何でしょうか。

“統一は個人の心と体の統一、家族間の統一、分断された韓国と北朝鮮の統一、人種間の統一、対立する宗教間の統一を目指します。 私たちが見たところすべての宗教の教理の75%は同じ内容です。 葛藤が起こる理由がありません。 平和は関係性です。 自分と相手の中で相手を優先する関係性、利己的でない利他的な関係性を指向します。 ‘統一’と‘平和’を通じて大きなビジョンが現実に実現されている理想的な状態に進めると見るのです。”

これに関連して梁総会長は、文総裁の言葉に基づいた”天聖経”、”平和経”、’真の父母経”を編纂する計画において、それらは聖書よりも時代的感覚に合うだろうと述べた。

▼  しかし、文総裁に対する批判的見解も少なくないようです。

“聖書を見ても預言者は故郷では歓迎されることがないようです。 ‘韓国人文鮮明’を最も批判した国が、すなわち韓国でしょう。 しかし文総裁は私欲を働かせたことが一度もありません。 献金や事業で入ってくるお金を貧しい隣人のために、南北統一事業のために、宗教紛争解決のために惜しみなく使いました。 批判の主張は無理解からきたのではないかと思います。 韓国キリスト教会が特に文鮮明師に反対してきました….”

▼   異端だと….

“そうです。 異端論議が多くありました。 韓国キリスト教は保守的です。 儒教文化を排斥したし、伝統文化をシャーマンだといって追い立てました。 征服主義的な態度を見せました。 それとは逆に統一教は、韓国の土壌で西欧のキリスト教を受け入れました。 韓国キリスト教の統一教批判は既得権を保護しようという対抗心から起こったことではないかと思います。 (しかし)今は大いに変わったと見ています。

“文総裁は、2009年の著書の中で、自分に向けた世間の非難に対して『お金も名誉もむさぼることなく、ただ平和のみを語って生きてきただけなのですが、世の中は、私の名前の前に数多くの異名を付け、拒否し、石を投げ…”と苦しい心境を現わしました。

国内外の統一教会批判論者は、文総裁がイエス·キリストと同じ’救世主(統一協会用語で真の父母)”に位置づけられる部分を指して統一教会を異端と規定する。

文総裁が他界した直後、一部の外信は「文総裁が2004年3月、米国ワシントンの上院でのパーティの席で自分を”人類の救世主”と自ら名乗った、奇妙な事件だった」と報道した。他の外信は「文総裁は、宗教の名で、どのようなことも可能であることを示した人物」とした。この記事は、「 救世主・文鮮明 」に対する嫌悪感を根底に置いている。一方、統一教を信じている人は、はばかることなく文総裁を「真の父母」と呼んでいます。

両者間の認識の乖離が、ただ”「宗教の自由」の領域に属する論議 という程度で語る事は可能なことだろうか。統一教会に友好的な陣営はそのように規定する。文総裁を「真の父母」とする統一協会の教義は現在、韓国、日本、米国などで違法ではないという点が根拠だ。しかし、反統一教会側は、『文鮮明を人類の救世主というのは常識に反する過度な主張なので、「宗教の自由」の領域に属する議論であるとは納得できない』とする。梁総会長は、 「真の父母文鮮明」の確固たる信念をもつ。引き続き、彼との対話の内容である。

“南北和解質的助けること”

▼     教理はキリスト教とどのように違いますか。

“聖書を使い、賛美歌を歌ってイエス キリストを救世主と告白するという点では同じです。 ただし神様の救援摂理歴史でキリスト教はイエス様の再臨を中心にした摂理完結につながります。 文総裁はイエス様は多くを語り宣布したが、それを成し遂げられなかったと言われます。 (文総裁が)その(イエスの)意を相続して成し遂げるという点で異なるでしょう。”

▼  すると文総裁はイエス キリスト級の方なのですか。

“イエスは人類を救い、神様の息子、娘にしようとしました。そのためにイエスは地上に来てアダムの家庭を完成しようとしました。真の理想家庭をつくろうとしたのです。そうできずに逝かれたので、再び来られると言われたのです….統一教会は文総裁がその使命を引き継ぎ、成長、発展、完成させた方だと見るのです。このような意味で再臨のイエスであり、使命を完成して、人類の真の父母になった方である。これが、統一教の信仰告白です。イエス様が来られるとすれば、文総裁が成し遂げたようにされるだろうと見るのです。

“文総裁と家庭連合は対北事業に積極的だった。文総裁は、1991年に北朝鮮金日成主席に会って、南北首脳会談や経済交流などに合意した。統一教会が株式の70%を所有している平和自動車は北朝鮮で自動車生産、販売、営業をしている唯一の会社である。

文総裁が他界するとすぐに金正恩北朝鮮国防委第1委員長は文総裁の遺族に慰労の弔文を送った。文総裁は金日成主席と金正日委員長死亡の時、それぞれ朴普煕(当時世界日報社長)と息子である文亨進・統一教世界会長を送って弔問したことがある。

パク・クネ大統領がDMZ平和公園を推進するのと関連してパク・サングォン平和自動車社長は最近北朝鮮を訪問した後“開城(ケソン)工業団地がうまくいってこそDMZ平和公園造成もうまくいく”というキム・ヤンゴン北朝鮮労働党統一戦線部部長のメッセージを伝達することもした。 ヤン総会長は“私たちの教団は今後も南北和解を実質的に助けるよう努力するだろう”と話した。

▼   朴 槿惠(パク・クネ)大統領のDMZ平和公園構想をどのように見ますか。

“文総裁は2000年6月国連総会演説でDMZ平和公園を作ろうと北朝鮮に提案したことがあります。 公園を作れるなら統一教が所有するブラジルの土地を差し出すという具体的な内容でした。 ちょうどパク大統領が平和公園構想を明らかにしましたがとても時期適切な発言だと考えます。”

▼      現在の南北交流はほぼ停止した状態ですが….(訳者注:この記事は開城工業団地の再開以前に書かれています)

“我々は、自分の兄弟姉妹理想として北の同胞に真の愛の心を持つ必要があります。そうしてこそ凍りついた心が溶けるのではありませんか。これまで北側に実質的支援を与えるためにビジネスをしてきました。北朝鮮に現代社会への道を開いてもらおうとしました。文総裁は、かなり以前から北朝鮮で利益を出すよりも、北朝鮮を世界産業化の流れに乗せることに力を注ぎました。そのようなビジョンで、北朝鮮の平和自動車、世界平和ビル、平壌普通江ホテルを作ったのです。”

▼     韓鶴子総裁が教団を引き継いだ後どのような変化がありますか。

“ 文総裁は大きいビジョンを持つ方で多方面に事業を展開しました。 韓総裁は共同総裁として文総裁を50年の間見守りました。 今、文総裁の大きな偉業を整理整頓しています。文総裁の遺志を生かしていくためのロードマップを作って実際的な100年の大計を準備しています。

家族の値崩壊を阻止する

 梁総会長は、韓国社会の問題点として、家族の価値の崩壊を挙げた。彼は多文化家庭と低所得層の家庭を支援し、家族の解体を防ぐことに努力すると言った。文総裁弔意金500億ウォンを含む1000億ウォンと圓母平愛財団を作って低所得層の学生のための奨学事業を展開しているという。

梁総会長は「家庭連合は、社会の中、生活の中に飛び込んで奉仕する」としながら「疎外された隣人を自分の家族のように接する暖かい宗教になる」と述べた。

   

(記事終わり)

 訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年9月23日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*