鮮文大随時1次競争率平均6.00対1


11時間前 |세계일보 | 入力2013-09-15 09:18:18、修正2013-09-15 09:18:18

 

鮮文大随時1次競争率平均6.00対1

 

鮮文大は(総長ファンソンジョ)は13日、2014年度随時1次願書受付を締め切った結果、一般的な選考689人の募集人員に4132人の支援6.00対1の支援率を見せたと15日明らかにした。

特に社会福祉学科は6人の募集に119人が志願し、19.83対1、看護学科は10人の募集に198人が志願し、19.80対1、緊急救助部門では、4人の募集に75人が志願し、18.75対1の高い競争をを見せた。

鮮文大は、過去2013年生随時1次平均競争率は5.71対1から2014年は6.00対1の競争率を見せ志願率が上昇した。

牙山=キム·ジョンモ記者race1212@segye.com




coded by nessus
Posted by on 2013年9月15日. Filed under 教育・留学, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*