【インタビュー】国際結婚による世界平和


統一教会公式サイトの祝福家庭を紹介するページに新しく掲載された国際カップルのインタビュー記事を紹介します。

現在、日本で生活しているフィリピン出身の男性教会員と日本人女性教会員夫婦へのインタビュー記事です。

 

_______________________

 

  1992年8月25日に韓国・ソウルで挙行された3万組国際合同祝福結婚式に参加し、現在、日本で生活しているブライアン・ディリゲ(フィリピン出身)さんと畠山直美さん夫婦にインタビューを行いました。

9a327ec65001087fd87e76cf55140abf-254x300

 

Q. 二人が合同結婚式(祝福式)に参加するようになったキッカケは?

A. 私達は、文鮮明先生の「神様は(人類の)親であり、世界の人々は皆、家族である」という教えに感銘を受け、統一教会に入りました。その4年後、祝福式を紹介された時に、私達も人種の壁を超え、世界平和に近づけると思い、祝福式に参加することを決めました。

 

Korea-summer-2011-272-300x228Q. 二人が合同結婚式に参加して良かったことは?

A. (1992年に韓国の)スタジアムに集った共通の考えをもつ国際的な3万カップルを目の前にした時、文先生のビジョンである“国際結婚による世界平和”が実現出来ると確信しました。

  “One Family under God”は夢ではありません。やはり私達も理想家庭を実現することを誓い合いました。

 

Q. 二人が(日本で)生活する中で良かったこと、困ったことは?

A. 私(ブライアンさん)が日本に来て良かったことは、妻や彼女の家族を良く理解することが出来たことです。しかし、日本の社会で働きながらファミリーマン、外国人としてプライベートを大事にしたいのですが、ワークライフバランスを保つことが挑戦です。でも、祝福(合同結婚式)の目的を考えると、日本にいながら文化の違いを乗り越えるためのチャンスを与えられたのだと思います。

 

IMG_1496-300x222私(畠山さん)は家庭を持つ前にアフリカにボランティアに行った経験のおかげで、難しいことはあまりありませんでしたが、主人は、日本とフィリピンの全く違う環境の中で苦労したと思います。日本にいる立場で、夫は日本語ができるので、子供とのコミュニケーションもそうですし、会話の絶えない明るい家庭になったことが良かったです。でも、ビザの延長や役所での様々な手続きが大変でした。

____________________________________

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年9月12日. Filed under できごと, コラム, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*