日 大陸進出のため海底トンネル?


2013.09.07 |自主民報

日 大陸進出のため海底トンネル?

日本の熊本県ですでに韓日海底トンネル事業開始

記事入力:2013/09/07[11:00]最終編集:ⓒ自主民報

6日SNSで李明博政府が中断を宣言した韓日海底トンネル工事が進められているという文と写真が上がってきて波紋が広がっている。

8月に大統領秘書室長にギムギチュン氏が任命され、再び”韓日海底トンネル建設”が議論の対象となっている。ギムギチュン氏が新大統領秘書室長に抜擢されると、海底トンネル関連株が上昇したりした。

日韓トンネル

李明博政権に大きな論争になって2010年に廃止が宣言されたが、韓日海底トンネル建設賛成論者のギムギチュン氏が秘書室長に任命され、再び100兆で最大200兆規模の莫大な予算が担架と推定される海底トンネルの建設に弾みがつくのを受けて進められるという疑惑が起きている。

ギムギチュン大統領秘書室長が2009年から韓国代表を務めた日韓トンネルフォーラムは、韓日海底トンネル建設を支持する韓国と日本の人々で構成される団体で、2009年結成以来、両国の経済協力と平和のために釜山と日本の対馬、福岡を結ぶ300㎞規模の海底トンネルを建設しようという主張を展開している。 XML


▲祝辞するギムギチュン大統領府秘書室長©韓日海底トンネル研究会

2012年に釜山で開催された日韓トンネル推進イベントでギムギチュン大統領府秘書室長は”日韓トンネルの建設に関心と信念を持ってこの場に参加された皆さんは、否定的な国民感情の克服のために多角的に努力をして、政治指導者の決断要求の力を集めなければならないだろう “と演説したことがある。

大陸進出を狙う日本…既に熊本県で韓日海底トンネル事業開始


▲韓日海底トンネルの建設を要求して過去の歴史を謝罪する日本の議員©韓トンネル研究会

上記の日韓トンネル推進イベントには、これまで日本の熊本県議員が公に日本の政治家には難しい過去まで謝罪し、韓日海底トンネルに韓国の参加を要求した。

現在、韓国の韓日海底トンネル建設を要求している熊本県では、韓国国民の意思とは関係なく、すでに海底トンネル試験掘削が開始された。


▲統一教財団の国際ハイウェイ財団の日韓トンネル視察ツアー記念写真キャプチャ©平和統一連合会ホームページ

統一教会傘下の平和統一連合会のホームページに公開された資料によると、佐賀県は、すでに日韓トンネル試験掘削に突入し、2012年には、韓国の視察団を招待して記念写真まで撮影しました。
(参照:http://www.tongil-net.org/2012/09/post_226.html

当時の視察団に参加したブロガーが撮影した佐賀県の韓日(日韓)トンネルのルート案のマップは、以下のとおりである。


▲佐賀県の日韓トンネル予想ルート案©インターネット

その他の日韓文化交流協会の日韓トンネルの建設の表は、以下のとおりである。


▲日本のヤフーに公開された日韓トンネルの建設計画地図©韓日文化交流協会

地図によると、熊本から対馬を経て釜山まで韓日(日韓)トンネルで貫通して釜山から北京まで高速鉄道に貫通するルートが設定されている。皆様のご協力をお願いするという説明が付け加えられている。

開始は統一教会文鮮明、推進はギムギチュン、建設費用は韓国の血税?
韓国が日本の大陸進出の足場と呼ばれる

日本のウィキペディアの情報によると、韓日海底トンネルは1981年にソウルで開催された第10回科学の統一に関する国際会議(ICUS)の会議の主唱者である文鮮明師が提唱された。


▲統一教会の文鮮明日韓海底トンネルが議論された女性朝鮮2009年10月号キャプチャー

100兆から200兆以上の費用がかかると予想されている韓日海底トンネルの国民世論は、 “どうせ韓国はじっとしていても終着地なのになぜあえて私たち国民の血税で、日本と海底トンネルをあけるのか” “韓国が日本の大陸進出のための通路が必要か”の懐疑的な意見が優勢だ。

 

 

(※ 韓国記事のため、県名がバラバラになっています。)




coded by nessus
Posted by on 2013年9月8日. Filed under ニュース, 国際情勢, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*