(連合ニュース)“DMZ平和公園、文鮮明総裁も提案していた”


 164

 

梁昌植統一教韓国会長「世の中に必要な生活宗教になる」

2013年8月12日

(ソウル=連合ニュース)孔 ビョンソル記者=「非武装地帯(DMZ)平和公園は文鮮明前総裁も北韓に提案していた内容だ」PYH2013081208140000500_P2

梁昌植統一教韓国会長、文鮮明前総裁一周忌歓談会

(ソウル=聯合ニュース)梁昌植統一教(現世界平和統一家庭連合)韓国会長兼統一グループ総会長が、
来る23日文鮮明総裁の陰暦(7月17日)一周忌を前にして、12日ソウル・プレスセンターで言論歓談会を開いた。2013.8.12

 ヤンチャンシク(梁昌植)統一教会韓国会長 世の中に必要な生活宗教になる

 (ソウル=聯合ニュース)孔 ビョンソル記者=「非武装地帯(DMZ)平和公園は文鮮明前総裁も北韓に提案していた内容だ」

ヤンチャンシク(梁昌植)統一教(現在の世界平和統一家庭連合)韓国会長兼統一グループ総会長は23日、文鮮明総裁の陰暦(7月17日)の一周忌を控えて12日、ソウルのプレスセンターでプレス懇談会を開いてこのように明らかにした。

南北の平和と統一のために努力した文総裁が2000年6月の国連総会で、DMZ(DeMilitarized Zoneの略:非武装地帯)平和公園を造成しようと北朝鮮に提案したのだ。

DMZ平和公園は朴大統領が推進していることで、パク・サングォン(朴相権)平和自動車社長と最近会談した北朝鮮のキム·ヤンゴン(金養建)労働党統一戦線部部長は、 “開城工団がよくなればDMZ平和公園の造成もすることができる”と述べたことを明らかにした。

文総裁は、1993年に統一教会幹部をエギボン統一展望台に連れて行って北の地を眺めながら平和公園造成の夢を明かしたと梁会長は伝えた。

現在の統一教会を導く文総裁の夫人韓鶴子総裁は、健康な方で、多忙な日程を送っているという。

韓総裁は、特に文総裁の教えを盛り込んだ “天一国経典の編纂を重点事業として推進している。この聖典は、文総裁の思想をテーマ別にまとめた”天聖経”、講演内容をまとめた”平和経”、文総裁夫妻の生涯を描いた”真の父母経”の3巻からなっている。

韓総裁は、奨学財団をはじめとする教育・文化事業や多文化家庭支援事業にも大きな愛情をみせている。

梁会長は”お金が入れば奨学財団に注がれる。昨年の文総裁の聖和(死去)に集まった基金は全額奨学事業に入った。現在5万人と推定されている多文化家庭の子どものうち2万人が文総裁夫妻の祝福の中で生まれた子供達だ”と説明した。

PYH2013081208150000500_P2

今回の一周忌行事には、統一財団と統一教会を分担して担当していたが今はアメリカに住んでいる四男國進氏、七男亨進氏など、家族のほとんどが参加すると梁会長は述べた。

國進氏は、米国の銃製造会社を経営しており、亨進氏は、環境関連分野を勉強していることが分かった。

2兆ウォン規模の汝矣島パークワン開発事業をめぐり、統一グループ側と訴訟を繰り広げる三男顕進氏が追慕行事に参加するかどうかも関心事である。顕進氏は、昨年の文総裁の葬儀で事実上、排除され弔問できなかった。

統一教会は、17〜23日を追慕期間と定め、23日午前10時、京畿道加平清心平和ワールドセンターで2万人が参加する中、文鮮明天地人真の父母天宙聖和一周年追慕式を開催する。

24日には在日同胞たちが日本の北海道から福岡まで自転車で縦断した後、船便で釜山を経てイムジンカク(臨津閣)に到着し、平和統一念願祈願祭を開く。

また、現代美術作家100人余りが参与する追慕展示会、統一協会の記念博物館の天正宮の開放、北朝鮮、金正恩国防委員会第一委員長が送った豊山犬公開なども計画している。

梁会長は「文総裁のみ心を育て、社会の中に入って行って、社会統合に寄与する宗教、世の中が必要とする生活の中の宗教になるために努力する」と話した。

 

訳 itukoF, Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年8月13日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*