家庭力アップ講座「親の愛、子どもに届いていますか?」


幸せな結婚をあなたへサイトにて連載されている家庭力アップ講座。

最近公開された最新講座を紹介します。

 

_________________________________

stockvault-school-boy129767-300x200

「やる気」のある子どもは自分で考え行動しようとするので、親としては頼もしい限りですが、その「やる気」には「正常な心」が働いていなければなりません。

 

 「正常な心」とは、うれしいときにはうれしいと表現できる心、親の愛情を素直に受け止め、家庭の大切さを理解し、家庭のために貢献できる心です。親の喜びや悲しみ、うれしい思いを素直に感じ取れる心をもっている人は、自然に「やる気」が育ってくるのです。

 

 真に「やる気」のある子になるためには、親の「真の愛」が必要です。ここで言う「真の愛」とは、子どもに対する親の愛が相手に届いていることを意味しています。

 

 子どもに正しく届いている愛のことを、親の「真の愛」と表現しているのです。相手を「愛する」ことは重要ですが、その愛が、きちんと「相手に届いて」いなければならないということです。

 

 子どもを愛していない親はいないと思いますが、子どもが親の言うことを聞かなかったり、反抗したりしたとき、「本当に自分はこの子を愛しているんだろうか」と、親として自問することもあるでしょう。特に、子どもとの間にあまりよい思い出がない場合、例えば子どもから暴力を振るわれたりしている場合などは、親が子どもに拒否反応を覚えることもなくはありません。

___________________________

 

記事の続きは幸せな結婚をあなたへサイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年8月6日. Filed under できごと, コラム, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*