日本人宣教師、アメリカ・ベルべディアで栄誉を受ける。


来たる2013年8月17日、1973年アメリカにやってきた日本人宣教師たちが栄誉を受けることになった。これはニューヨーク、タリータウンにあるベルべディア修練所での一連の行事の中で行われる。

ワン・ワールド・クルセイダー(十字軍)1973年

ワン・ワールド・クルセイダー(十字軍)1973年

8月17日の午前10時から午後1時まで、周藤健先生による2回の記念講義が行われる予定であり、午餐会に続いて親睦会が催されることになっている。

アンドリュー・コンプトン師によると、記念講義は日本語でおこなわれ、アメリカのメンバーにはFMラジオを通した通訳が用意されているという。そして1973年当時アメリカ会長であったニール・サローネン師やアメリカ統一運動の最初期に日本人宣教師と親しく共に歩んだアメリカの兄弟姉妹たちからも祝辞が贈られる予定だ。

『アメリカ人として、アメリカでの統一運動の基盤を築いてくれた日本そしてヨーロッパの宣教師の皆さんが40年に亘って払われた犠牲に深く感謝します。栄誉を受けるにふさわしい方達です。』 とコンプトン師は述べた。

2013年8月18日日曜日、日本人の先駆者たちはイーストガーデンの地を訪問することになる。彼らの内、何人かはヨーロッパからやって来る。1972年にアメリカ合衆国に到着した12人の宣教師のうちの一人であったイズカワ氏によると開拓伝道者たちの証が集められ日本語で、またその翻訳版で出版されることが決まったという。

米国平和統一家庭連合NEWSより

訳Harikawa




coded by nessus
Posted by on 2013年8月3日. Filed under できごと, トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*