【説教】真の父母様を地の果てまで伝えていきましょう


統一教会公式説教ブログに掲載されている記事を紹介します。

 

________________________

E7AFA0E5B48EE5B9B8E9838E-thumbnail2統一教会
篠崎幸郎
<2012 冬季 牧会者説教集 P.107~111>

 

原理はサタン屈伏の典型的路程としてヤコブを立て、そののち神様はヤコブの象徴的勝利を、モーセで形象的路程、イエスで実体的路程として展開してこられました。『原理講論』では、民族的カナン復帰路程、世界的カナン復帰路程と、目指すゴールはカナン、すなわち国家でした。神様の復帰摂理は、神様の主権、国民、国土を持つ天一国建設の基元節が一つのゴールであり、また新しい出発点になります。

 今や、基元節を直前に迎える今日、私たちはどのような人生を辿ってきましたか。そして辿っていきますか。私たちの人生は真の父母様と共にありました。きょうのきょうまでそうでした。間違いありません。これからはどうでしょうか。お父様と共に生きた人は、お父様の声、「アラッソヨ!」の言葉が耳に残っています。満面の笑顔、手振り身振り、体全体で表現される歌声……、懐かしいです。そして寂しいですね。しかし、そのお父様の地上における人格的な香りを感じる時代は終わりました。今後未来にどんな罪のない時代が来ても、もう地上界でお父様に直接、実体でお会いすることはありません。やがてはこの地上で真の父母様に一度でも会ったことのある人がみな霊界に行って、地上に全くいなくなる時代が来ます。

 お父様の聖和式の後、9月25日の朴普熙会長による追慕礼拝を受けた時、「使徒行伝第1章が始まったなあ」と感じました。聖書におけるイエス様の生前の活動を中心とする四福音書の時代を終え、生前にイエス様に直接侍った弟子たちが聖霊を迎えて、新しく生まれ変わり、その使徒たちの業績を著した使徒行伝の時代です。私たち統一家も真のお父様の生前中に共に生き、共に歩み、直接侍り、多くのみ言と愛を受けた者です

 

____________________________

 

記事の続きは統一教会公式説教ブログをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年7月22日. Filed under できごと, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*