【説教】一つでも家庭盟誓の達成に向けて


統一教会公式説教ブログに掲載されている記事を紹介します。

 

______________________________

 

5E383BBE8AABFE5B883E383BBE4B889E6B5A6E581A5E58FB8-thumbnail2「家庭盟誓」は、1962年からの「私の誓い」に継いで、1994年の教会創立40周年記念日の時に下さったものですが、時に応じて真の父母様が追加されて現在の形になりました。八大教材・教本の中の『天聖経』の「真の家庭と家庭盟誓」や、『平和神経』の平和メッセージ14で説明されています。

 まず、「家庭盟誓」は、「天国人の基準」であると言われ、天の家法、憲法であるとも言われています。今までの先祖代々から継承されてきたそれぞれの家の家法ではなく、天の家法として尊重しながら生きていく法度です。また、心と体、夫婦、父母と子女が一体化した土台の上で唱えなければならないと語られています。もちろん言い争いなどがあったあとには唱和できない、家庭平和の基本的な法度です。

 また、父母様は天一国創建の主人としての自覚を各自が持っていくために、「天一国主人」という語句を2002年の「真の子女の日」から付け足されました。

 

__________________________

 

記事の続きは統一教会公式説教ブログをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年6月13日. Filed under できごと, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*