【説教】霊界、地上界の共同作戦の時代


統一教会公式説教ブログに掲載されている記事を紹介します。

 

____________________________

 

E5B2A1E69D91E5B180E995B7-thumbnail2おはようございます。神奈川には横浜駅までは通過していましたが、京急線を使ってこちらに来たのは初めてです。ここも含めて、神奈川は本当に自然に恵まれた地域ですね。大山、丹沢、そして箱根、江ノ島、鎌倉と、全国的にも有数の観光地がそろっています。私も丹沢や大山には登りましたが、とても景色も美しいし、健康にも良いです。高い山に登って周りを見回すと、自然の荘厳さに心打たれるし、それを創造された神様の神秘的な力にも触れることができます。そういう自然にできる限り出掛けることで、私たちの心に神様への敬虔な心情が育まれます。限界を超えて高い山に挑戦することで、ストレスが発散され、自然の鋭気によって心身共に磨かれることもできます。気持ちが新たになり、余裕が持てることでしょう。特に二世と一緒に自然に親しむことは親子の絆を育むことにおいてとても大切でしょう。

 真のお母様は、今後、二世教育のために多くを投入されるとおっしゃっています。今回の40日追慕の式典の中でも、二世教育の重要性を語られています。私たちも自身の重要課題として「二世教育」に今まで以上の関心と情熱を傾けてまいりましょう。

 さて、きょうは「霊界、地上界の共同作戦の時代」と題してお話ししてまいります。

 歴史の中で「霊界」に関する研究が多くの学者によってされてきましたが、その中でもスウェーデンボルグは特筆すべきものがあります。『原理講論』でも、第2次宗教改革の歴史上、大きな影響を与えた人として、アベル的な思想家として挙げられています。そして彼がその著書の中で説明している内容は、今日私たちが、李 相軒先生や興進様からのメッセージによって伝えられる内容と、次元は違いますが、よく似たものがあります。

__________________________

 

記事の続きは統一教会公式説教ブログをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年6月7日. Filed under できごと, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*