桜田淳子さん 17年ぶり報道陣の前に姿見せる


デイリースポーツによると、92年に合同祝福結婚式に参加し、93年より事実上芸能界を引退していた桜田淳子さんがすい臓がんのため23日に亡くなった「三ミュージックプロダクション」の設立者で会長の相澤秀禎氏の通夜に参席しました。

報道陣の前に姿を現したのは96年末の統一教会の集会以来で17年ぶりとなりました。

弔問客もひと段落した頃に姿を見せた桜田さんは引退前の印象的だったショートヘアではなく、この日は胸のあたりまで伸びたロングヘア。黒いフレームの眼鏡をかけ、恩人との最後の別れを惜しみました。

桜田さんは73年にデビューし、同世代の山口百恵、森昌子と「花の中三トリオ」として大ブレークし、国民的アイドルとなりました。その後は実力派女優として活動していましたが、92年、統一教会の信者として合同結婚式に参加することを表明。結婚後は一時、夫の経営する会社がある福井県敦賀市に移り住み、94年春には第1子となる長男を出産。その後も何度か芸能界復帰のオファーがありましたが、実現していませんでした。

 

記事元:デイリースポーツオンライン

 

 

 




coded by nessus
Posted by on 2013年5月29日. Filed under できごと, 芸能人・韓流. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*