譽進様がお母様に贈った詩


母の日にちなんで…

1977年にアメリカで出版された’Signs of Presence Love, and More ’(UTS)という本の中に収められた 真の御家庭長女の譽進様の詩 『私のお母さん(My mother)』 が、米家庭連合 UC Familyに掲載されていました。  

譽進様が少女時代に書かれたものです。    

 

 私のお母さん                                                     LrkipnyvTxHjN51yQ87WuZTq3G1fUZ6NQfmsNN6qK5BBSu0qvHOPXjWMDmGvafJM9ezO63pCT3fpgQp_johc0ftiYk4pnle9bx_JlO7vkdsHtzq6FPh-Pz9Vnw_591x315

 

わたしのお母さん。サンタクロースのように 

毎晩 愛の贈り物を たくさん 運んで下さる。

いつも 忙しいけれど 毎晩 かならず

私の部屋にきて下さる。

ときには 叱られて 一緒に泣くこともあるけれど。

わたしは お母さんを世界で一番 愛しています。

お母さんの 澄んだ空のような きれいな心は 他に比べるものがありません。

お母さんは みんなの世話をされたいようです。

お母さんは どんな花より美しいです

その心は みんなの心を 美しく 楽しい世界へと開きます。

みんなの心を 感動させます。

私は お母さんの心の中に 永遠に 永遠に住みたい。

「私のお母さん」 という言葉は 私の一番好きな言葉になるでしょう。

 

日本語訳 Harikawa

 

My Mother 

By Ye Jin Moon

My Mother, she brings many presents of love 

night after night, like Santa Claus,

Always she is busy but she comes to my room every night.

Sometimes, she scolds me, then we cry together

I love my mother most in the world.

Her beautiful heart which is like the clear sky can’t be compared with anything.

She seems to want to care for every person.

She is more beautiful than any flower. Her heart opens everybody’s heart to the 

beautiful and joyful world.

It can’t but touch everybody’s heart: 

I wish to live in her heart forever and eternally.

“My Mother” will be the words I love the most.

 

‘My Mother’ copyright  © by Ye Jin Moon from the book Signs of Presence Love, and More published by  the Unification Theological Seminary 1977.

 




coded by nessus
Posted by on 2013年5月12日. Filed under トピックス, 真の家庭, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*