歴史的な「エルサレム宣言」とは?


 今から10年前の2003年5月18日、米国の牧師132名が、ユダヤ教、イスラム教の指導者と共に歴史的な「エルサレム宣言」を行いました。三大宗教の指導者が互いに過去の過ちをを率直に認め、悔い改めることを誓うという内容のものです。

 

 キリスト教にとって十字架は、イエス・キリストが人類を救うために犠牲となった栄光の証ですが、ユダヤ教やイスラム教にとっては紛争のシンボルです。文鮮明師は長年、このような複雑な背景をもつ十字架をキリスト教会から降ろすべきだと主張してきました。2003年5月に、文師のこの主張に賛同した多くの牧師たちが、次々と教会から十字架を降ろし、エルサレムで十字架を埋葬したのです。

 

 以下に「エルサレム宣言」の翻訳を抜粋してご紹介します。改めて、この歴史的な宣言をご確認ください。

 

◇   ◇   ◇

  

 ユダヤ教とキリスト教の双方の信者たちは、理解と調和と和解の精神に基づき、我々の過去の暗部を悔い改め、共に明るい未来を求めることを望み、より良い世界を熱望しつつ苦しんできたすべての者たちの誓いに思いを致す。

 聖なる都市エルサレムに集い、神がご自身の契約の民を選んだその地、我々の信仰を清め、義なる道へと導くために預言者たちを遣わしたその地において、今日2003年5月18日、神と、平和な世界と、全人類に対する愛のために、我々は心を一つにして以下のことを誓う。

 どちらの信仰も、それぞれの信仰のゆえに筆舌に尽くし難い恐怖を味わった我々は、自らの生涯と将来の全歴史から、我々の信仰が迫害されたり、また他者を迫害したりしてきたときのような、無実の人々を愛さない瞬間をぬぐい去ることを望む。

 我々は平和と善意の時代へのさきがけとなるために、今は霊界にいる預言者、聖人、賢者、そして我々の宗教の創始者と共に働くことを望む。

 我々キリスト教信徒は、イエスの肉的生命を終わらしめ、預言者たちの夢と約束を破り、神の国の到来を2000年間にわたって妨げた処刑をたたえることにより、実際には神の最も大きな悲しみの瞬間であったものを祝ってきたことを悔い改める。

 この間、我々はイエスの愛を身をもって示すことができなかったことがあまりに多く、かえって反ユダヤ主義の歴史をつづってきた。このことを我々は悔い改める。

 我々ユダヤ人は、神の選民として神に対して心を開き、古代の出来事を神の目をもって見つめ、これを限りに、この十字架の重荷から我々自身を解放することを望む。

 この純真で無垢なユダヤ人青年イエスは、神に愛され、神はその希望と夢とを彼に託したが、彼は自らの民の中の裕福で力ある者たちに受け入れられなかった。

 彼らは自分自身の地位と安寧のために、憎むべき外国の勢力によって処刑されるべく彼を引き渡したのである。このことを我々は悔い改める。

 今日、我々は生ける神のみ旨に新たに献身した。我々は文鮮明師ご夫妻の業績が、我々の信仰共同体を一つにすることを断言する。我々は平和な世界と理想家庭を実現するために、真の父母の祝福によって、一つの神の家族を成すであろう。

 

Posted by on 2013年5月9日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*