【証し】 肩を寄せ合って夢に現れた真のお父様とイエス様


中和新聞速報版に掲載されている記事を紹介します。

下記はサイトより引用

_________________________

 

akashi教会が私の心のよりどころ

 一九七〇年六月、私が統一教会に入教してから、今年で四十三年目を迎えます。

 私は幼い時、実父を戦争で亡くし、後に母が再婚したため、家族が増えました。しかし実父の死が幼いながらもしこりとして残ったままだったのか、何か虚しく孤独でした。そんな私の心のよりどころがキリスト教会でした。小学校の近くにキリスト教会があって、誰に言われるでもなく日曜学校に通ったり、集会所に牧師が来ると聞けば参加したりしていました。聖句の書かれたカードをもらえるのがうれしくて楽しみに行っていたのです。

 高校は親元(静岡県西伊豆町)を離れ、隣り町の親戚の家に居候し、近くの高校に通いました。そこにキリスト教会があったので、何のためらいもなく足を運んでいました。私は神様に「これから私はどうしたらいいのでしょうか?」と、将来のことをよく祈りました。ある日、廊下を歩いていると突然、祈らずにはいられない衝動に駆られ「神様! 神様!」と必死に祈り求めたときに祈りは神様に通じるという実感を持ちました。

このように、私は祈ると答えが与えられる気がして、悩みがあれば人に話すのではなく、聖書を読んだり神様に祈ったりして解決するようになりました。私の実家はキリスト教の背景があるわけでも、これといった宗教をしてきたわけでもありませんが、私はなぜか「神様」に全く抵抗なく育ちました。

__________________________

 

記事の続きは中和新聞速報版サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年5月8日. Filed under できごと, コラム, 祝福家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*