タイのDr. レック夫妻、氏族的メシヤとして650組を祝福に導く─原理教育と祝福式、蕩減棒行事まで行う─


 

中和新聞速報版サイトに掲載されている記事を紹介します。

 

___________________________

 

tailand 二〇一二年十二月二日、タイのドクター・レック、ヴィパー・タヴェーテルムサクル夫妻は、タイの東部に位置するコーンケン県のコサホテルで、真の父母様の代身として立った龍鄭植アジア大陸会長を主礼に迎え、氏族の六百五十家庭を祝福に導き、蕩減棒行事まで行うなど、氏族的メシヤ活動におけるアジアのモデルとなっています。

 この日祝福式に参加した人々は独身者を含めて六百五十家庭、千人以上の人々が集い、大盛況となりました。

 

学生向けのプログラムを開始、伝道された学生たちが氏族を祝福式に招待する

 

ドクター・レック夫妻は、一九八五年から二〇〇五年まで、タイの初代ナショナル・リーダーを務めていました。そして二〇〇六年から、氏族的メシヤのミッションを開始し、数多くの挫折に直面しながら、取り組んできました。その中で夫のドクター・レックが、二〇〇八年からタイの天宙平和連合(UPF)事務総長とアジアのUPF副会長を兼任しながら、夫人と共に何百人もの青年たちを伝道する方法を見いだしました。地方から勉学のため、首都バンコクに出てくる学生を受け入れ、ケアするために「高校生を健全な大学生活に導く理想青年訓練プログラム」を試験的に開始したのです。

 

________________________

 

記事の続きは中和新聞速報版サイトをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2013年4月30日. Filed under できごと, トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*