「自叙伝家庭書写集会」を通して恩恵が広がる!


中和新聞速報版サイトに掲載されている記事を紹介します。

 

____________________________

 

kateisyosya■2年前から始めた「自叙伝書写」が定着

 埼玉教区川越教会では二年前から「自叙伝書写」に取り組んでいます。文鮮明自叙伝『平和を愛する世界人として』を渡した人に対して、み言を紹介するきっかけにすることを目的に始めました。

 

■「自己伝道」の徹底から伝道が活性化

 二〇一二年二月に小澤秀幸教会長が着任し、自叙伝書写とともに、教会長が講師を務める「原理復興会」(月に二度、日曜日と平日)を実施するようになりました。

 そのためにまず、教会長は教会員教育として『原理講論要約訓読チャート一時間用』から始まる百回訓読を奨励しています。伝道とはただ単に相手に伝えるという伝達にとどまらず、自分自身が「原理」で復興した波動をもって取り組むことが大切だからです。

 また、自叙伝書写においても人に紹介するだけではなく、教会員自身による実践を徹底していくことで、家族書写も定着するようになりました。

 

____________________________

 

記事の続きは中和新聞速報版サイトをご覧ください。

 

 

 




coded by nessus
Posted by on 2013年3月25日. Filed under できごと, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*