東日本大震災2周年にあたっての徳野会長のメッセージ


統一教会公式サイトに掲載されていた記事を紹介します。

 

_______________________________

 

 

今日3月11日は東日本大震災発生から2周年の日となります。

この日に寄せて、徳野会長が以下のようなメッセージを発表いたしました。 

 

東日本大震災発生2周年に寄せて

 

 東北地方を中心とする日本各地に大きな被害と衝撃をもたらした「東日本大震災」から、今日で丸2年となります。震災発生から2年を迎えるにあたり、世界基督教統一神霊協会を代表して、謹んで哀悼の意を表します。

 

 震災から2年が経ちましたが、いまだ32万人の方々が避難生活を余儀なくされており、住み慣れた故郷を離れた方々も多くおられます。また、外的な傷は回復したものの、精神的にはいまだ深い傷を背負いながら、それでも前向きに生きていこうと努力されている被災者の方々も多くいらっしゃることと思います。

 

 私は震災当日モスクワにおりましたが、目を疑う驚きの光景をテレビのニュースで見ながら、大変大きな衝撃を受けたことを鮮明に憶えています。

 

_____________________________

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧ください。

 

 




coded by nessus
Posted by on 2013年3月11日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*