韓国の電源プラグは二種類、その違いは?


たびのわサイトに掲載されている旅行関係の有益情報の記事を抜粋し紹介します。

 

____________________________

 

plug韓国の電源プラグは二種類、その違いは?

 

 

  • 韓国には二種類のプラグがある

韓国では、基本的にCタイプSEタイプニ種類のプラグを使うようになっています(ホテルなど一部の場所では日本で使われているAタイプのプラグも使用できます)

 

  • CとSEの違い

基本的にはどちらのプラグでも対応が可能ですが、厳密に言うとSEタイプは少し太めになっています。

 

  • 電圧の問題

日本の電化製品を海外で使う場合、プラグとは別に、必ずチェックしなければならないことがあります。それは電圧です。
日本の電圧は100Vですが韓国の電圧は220Vです。

 

  • 変圧器について

電化製品が、220Vに対応していない場合、変圧器を買うというのも選択肢の一つです。ただし、ドライヤーなど電圧の高いものになればなるほど、対応出来る変圧器は値段が高くなり、かつ重たくなりますので注意が必要です。安い電化製品であれば、現地で買い直されることをお勧めします。

 

____________________________

 

更に詳しい情報はたびのわサイトに掲載されていますのでご覧下さい。

 

 

 




coded by nessus
Posted by on 2013年2月28日. Filed under できごと. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*