世界サミット2013晩餐会


韓鶴子女史を中心に元·現職大統領と夫人などの首脳が集まった晩餐会が去る2月23日午後6時に天正宮で開かれました。

 

「真のお父様の生涯と遺産を称え(In Honor of True Father and His L​​ife and Legacy)」というテーマで開かれた首脳晩餐会では、まずメインフロアで教会指導者が首脳陣を出迎え、続いて2階フロアでトーマス·ウォルシュUPF世界議長が出迎えて韓鶴子女史を紹介しま​​した。韓鶴子女史は訪れた各国首脳に歓迎の挨拶をし、続いて記念撮影をしました。

 

晩餐会はトーマス·ウォルシュ(Thomas Walsh)UPF会長の司会で司会者挨拶、報告祈祷、乾杯、イスソン元国務総理の歓迎の辞、ディナー、キム·ミラン教授の祝歌、ハムディ·ムラド教授と、ホセ·ド·ベニシアICAPP議長の所感を発表、ギムヒョユル会長の文鮮明師のビジョンの紹介、韓鶴子女史の基調演説、授賞式、記念撮影の順に進行されました。

 

まず、ACLCバレット会長は報告祈祷で “平和な世界を成し遂げようとされた文鮮明師の基盤の上にこのように世界各国の元・現職首脳が集まって文鮮明師の生涯を称え、平和世界の実現のために一つになる席を持つようにすることを感謝して”と報告しました。

 

台湾から来た劉(Hon. Annete Liu)女史の乾杯の後、壇上に登壇したイスソン元副総理は歓迎のあいさつで、出席した元職·現職首脳ら一人一人を紹介して感謝の挨拶をしました。続いて “今日この席には平和を愛する世界人として一生を生き、6ヶ月前に聖和された世界的な宗教指導者、文鮮明総裁のみ旨と実践があったから可能だった”と言われ、 “今は、文鮮明総裁の遺産を敬って韓鶴子総裁が平和の世界実現のために尽力をしておられるこの席に参加した皆さんが知恵を集めてくださり、分裂と葛藤の世界を終息して真の平和と心の統一、そして幸福の新世界が成り立つように努力してください “と言われました。

 

続いて文鮮明師への献辞の時間があり、ハムディ·ムラドイスラム大学教授(Dr. Hamdi murad、Professor、International Islamic University)とホセ·ド·ネシアICAPP議長が献辞の言葉を述べました。

 

続いて文鮮明師のビジョンや清平そして天正宮の紹介をギムヒョユル会長が紹介しました。

 

韓鶴子女史は基調演説で、 “基元節は歴史の始まりの日であり、起源となる日です。人類の歴史以来必ずあって、する必要がある日です。しかし、簡単にこのような日​​が成り立つことができません。・・・皆さんはそれぞれの国の指導者であられます。そのような人生を生きて来られたと思います。私たちが真に力を合わせて、自由と平和と統一と幸福があふれる真の愛の世界、自分ですべてのことを知って行動することができるような世界、それは私たち個人が体と心が一つになるような運動によって開始されます・・・ “と言われ、特に指導者の夫人たちに期待されました。

 

続いて授賞式があり、韓鶴子女史が元職·現職首脳に平和のための運動に苦労したリーダーシップとグッドガバナンスに寄与した功労で表彰をしました。晩餐会は記念写真撮影をもって終了しました。

 

<主な参加者>

ギニアビサウ共和国:マニュエル・セリフォ・ナマジョ大統領夫妻
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦:ジブコ・ブディミール大統領夫妻
アフガニスタン:カリーム・ハリーリー副大統領
コソボ:ハシム・サチ首相
スリランカ:D.M.ジャラトナ首相
タンザニア:マジェンコカーヤンジャピーター令夫人
東ティモール:カイ・ララ・シャナナ・グスマン首相
ジンバブエ:モーガン・ツァンギライ首相
マリ、フィジー、ソロモン、パラオ大統領夫人
モンゴル:オチルバト初代大統領
ニカラグア:アルノルド・アレマン元大統領
アメリカ:デニス・ハスタート元下院議長

 

原文:http://kiwon.tongilgyo.org/page/index.php?st=view&idx=61&page=1&bwf_mode=board_news

翻訳:tameo

 

 




coded by nessus
Posted by on 2013年2月28日. Filed under トピックス, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*