おすすめ トピックス ニュース

ヨナ様の証で気がついた罪の解釈

更新日:

祝福家庭、現役バリバリ、これからも頑張ります。さんのブログより「ヨナ様の証しで気がついた罪の解釈」についてご紹介いたします。

ピクチャ 1

 

歴史的な2013年を新しく出発するために、神の日の前から清平に来て、その後、基元節までに、出来るだけの精誠をつくそうと韓国の親戚周りをしています。このブログも基元節で終了するつもりですが、書き忘れた事もあるので、今回は、「罪」にたいする解釈に関して、私が最近感じている内容に関して書いてみたいと思います。

あるとき、礼拝で、亨進様とヨナ様のメッセージを聞いている時に、私は、初めて、ヨナ様の語られている罪というレベルを少しばかり認識する事ができた。

 

著者はヨナ様が礼拝で語られる証しを聞いて、「罪の解釈」と「基元節の価値」に対して再考し、深い気づきを得るようになったといいます。

 

ヨナ様の証を聞きながら、私は、罪という問題をもう一度、考えるようになった。要するに、罪とは、神様との関係が切れてしまったことでもある。つまり、神様の立場で考えることができない事すらも、それは、ヨナ様の中では、罪であり、罪人であるという認識なのである。

お父様は、イエス様が、「我が神、我が神、なぜ、私をお見捨てになったのですか?」という言葉は、語ってはいけなかったと言われたことがある。お父様からみれば、それさえも罪なのであろう。こうした観点から見ると、私は、基元節の位置付けは、恐ろしく高い場所に位置していると思われて仕方ないのである。

 

詳しくは祝福家庭バリバリ伝説-「あんた、ホントにバリバリやね~」と神様から言われたい症候群をご覧ください。

-おすすめ, トピックス, ニュース

Copyright© familyforum , 2019 All Rights Reserved.