「2013 多文化フェスティバル」を開催


天一国元年天暦1月7日(陽暦2.16)午後2時ユニバーサルアートセンター大劇場では、基元節を迎えて2013多文化フェスティバルが開催された。

今回行われた2013多文化フェスティバルは多文化総合福祉センターと세계일보が多文化家庭との間の親睦と韓国社会の一員として社会的責任を自覚することができる相互交流の場を作り、多文化家庭が我々の社会の弱者として支援を受ける不快な存在ではなく、多文化家庭の強みでグローバル化に合わせて、諸国間の友好を増進させる架け橋の役割をすることができように願う意味で作られたという。

50dbe5510b8e0c1acaca59ed2cfb06f5

 5742e636f9892fcc08fb218335d36151

多福フェスティバル客席の様子

 

1部の行事はギムヨウンドンIIPC事務総長の社会を見た開会宣言、国民儀礼、活動映像視聴、VIP紹介、大企業、祝辞、授賞式の順で進行された。

 江利川安栄・多文化総合福祉センター会長は、 “今後のグローバル時代に韓国の多文化家庭の両方友好と信頼関係の中で平和な世界を築くために努力する、その道に私たち多文化福祉センターが先頭に立つことを約束します”と挨拶し、引き続きキム・ビョンス세계일보社長は “誤った偏見には、思い切って立ち向かって一人一人が持っている多様な文化に対する自負心を持って、これを近所の人と共有する活動を積極的に展開していき、このフェスティバルはそのような活動の起爆剤になって、文化的多様性を認めて、私たち皆が一つになるための重要な転機になることを願っています”と挨拶した。

 

c25960e00085e4776f86021bfe0874a5

ギムヨウンドンIIPC事務総長の司会

 

6741505191b0c8d77fd903599c54c4c9

江利川安栄 多文化総合福祉センター会長の挨拶

 

fb30b8dc594c2ec7eb2e8063cb54cccb

キム・ビョンス세계일보社長の挨拶

 

キム•ウルドン国会議員(セヌリ党)は、 “愛する多文化家庭の皆さん!私たちの社会は、潜在的な能力を持った皆さんに多くの期待を持っています。多文化の強みを生かして、韓国社会の未来を一緒に作っていき、グローバル時代に平和を作る皆さんに私たちすべてが期待しています。 “と祝辞を述べ、引き続きルイス・T・クルーズ フィリピン大使は “このフェスティバルは、韓国の人々が韓国人と結婚した外国人女性たちの母国の文化や伝統を有難く思って尊重することができる良い機会であり、本当に、私たちがお互いにもっとよく理解できるようになることは、文化に対する感謝を通して可能である “と祝辞を述べました。

d8afc76404a79ee2eb96f762955e08ed

キム•ウルドン国会議員(セヌリ党)の祝辞

 

db296fc32a931a5d54763aa269e5ca2a

ルイス・T・クルーズ フィリピン大使の祝辞

 

授賞式は、社会貢献の部分(表彰杯)と分かち合いの実践部分(功労杯)、感謝状に分けて行われた。社会貢献の部分にはUFILKOR(フィリピン)、天宝会 (多文化、障害児家族の集まり)、小川てるお(日本)、エンフチャルカル(モンゴル)が受賞し、分かち合いの実践の部分には城南一和サッカーチーム、ヨンナムライオンズクラブ、(株)エヒョプが受賞した。最後に、感謝状は、城南一和天馬プロサッカーチームの選手たちが受けた。授賞式を最後に1部行事が幕を閉じ、次いで2部の行事が行われた。

 

157529642f2c48df194a8e3b0fe151f5

社会貢献部門 受賞の姿

 

36b263bd3e94cb3e041944b2aa1b6b71

分かち合い実践部門 受賞姿

 

64b6bbcf269c93f8f960ffbe27e75d92

感謝状 受賞姿

 

9160198f643ba04db79ed12fc7653536

受賞者記念写真

 

2部の行事はジョン・ジェヒャン アナウンサーの司会で開会宣言、国別伝統公演、抽選会、閉会といくつかのお知らせの順で進行された。

国別伝統公演には12チームが出場して多彩な舞台を披露した。最初のステージは、フィリピンのチームがシンキル(SingKil)を披露した。シンキルは派手な衣装と扇を用いた踊りで、音楽や拍手の音に合わせて二人が竹の棒を持って動かすと、その間を飛びながら踊るもので、どんどんと速まるスピードでぶつかる四つの竹の間を行き来して踊るものだった。

第二ステージは、中国チームが辛いお嬢さんを披露した。辛いお嬢様はタイトルそのままの性格が勝気で、

強気に人に対するが、とても可愛い面もでてくるという性格を踊りで表す公演だった。

 第三ステージはアフリカのチームがOur Worldを披露した。 Our Worldは、調和、統一されたより良い世界を作るための鍵になることを希望する意味を込めている公演だった。

e9e755cdc7d73a7c8b2579a08e64ed46

ジョン・ジェヒャン アナウンサーの司会

 

9f87163b2395796f8191d6332d4d9e05

フィリピンチームの公演の様子

 

0ced9fac8ba7a709351ec0a75908df0e

中国チームの公演の様子

 

31a8ca367ebb54d402fe41c7bcc0a583

アフリカのチームの公演の様子

 

第四ステージは、日本のチームがよさこいソーラン節を披露した。よさこいは日本の四国にある高知地方で “早く来い”という意味で、民謡に合わせて木で作った小さな打楽器を手に持って踊る伝統的な踊りだったソーラン節はニシンを網で釣り上げたときに歌っていた歌だった。

baacbadc4c9199dac3b2b45c5e1f98a1

 

5番目はタイのチームがソコソホララックを披露した。ソコソホラックはおめでたい日に、共に歌いながら楽しく踊る伝統的な踊りで、みんなが健康で幸せに良いことだけいっぱいすることを祈願する踊りを踊る公演だった。

5cb435e92b2cf0908c64432e35a15115

 

6番目はベトナムチームがチュンジョクト女王を披露した。世界の米輸出国2位の生産量を誇るベトナムには特に農業関連の歌が発達したが、その中チュンジョクト女王は豊作を祈願する歌として農作業をするようなダンスを踊る公演だった。

 c787ba6c8e84b70bb6f19a53c051cee3

 

番目はロシアのチームがBarynyaを披露した。 Barynyaは田舎に住んでいる家族や親戚が一緒に集まったときに、この踊りを踊って家族間の楽しい時間を送るそうだ。

66bdd917899d588552cd0ac624d7b969

 

8番目はモンゴルチームがセールにゲルレンビイェルゲを披露した。セールゲルレンベイェルゲはモンゴルの女性が懸命に働く一日を楽しく幸せな姿として表現してくれるダンス公演だった。

 a9343b3b058f44695136a341e0ce6c90

 

九番目のステージは、フィリピン、オーストリア、マレーシアの連合チームが統一武道を披露した。

統一武道は武道、武術などを音楽に合わせて表現するの武道デモンストレーションと女性の護身術だと言う。

8125e77fd08a75ec9eda732470bee284

 

11番目は韓国チームが元旦の朝(扇の舞)を披露した。元旦の朝(扇の舞)は、韓国の代表的な民俗名節である旧正月を背景にコマダンス、そりダンス、など民俗遊びを通した子供の童心を表現した。

cf942eda18c0844bbd5acba83ff0b410

 

最後の舞台は、韓国チームの太鼓踊りだった。リトルエンジェルス芸術団の太鼓踊りは太鼓リズムがますます高まり、騒々打つとき、皆が一つの心になって、いつしか憂いを忘れさせることを表現する踊りだった。

b66bf668760295f404940efc4b273794

すべての公演が終わって全出演者と江利川安栄多文化総合福祉センター会長が舞台に出て挨拶をし、続いて抽選会を最後に2013多福フェスティバルが終わった。

320733af49170b911e1e504841a604b0 1afdc9b1e17acba43040840b54af3d0c 3a37ad108391b003a6de45311a94d2b6

 

記事元:韓国世界平和統一家庭連合公式サイト

翻訳:koyanagi

Posted by on 2013年2月18日. Filed under スポーツ・文化, トピックス, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

2 Responses to 「2013 多文化フェスティバル」を開催

  1. Z

    多文化フェスティバルのまちがいだと思う

    • FAMILYFORUM.JP

      Zさん
      コメントよりご指摘ありがとうございます。
      修正しておきました、これからもよろしくお願いします。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*