日本の大学生の「宗教意識」に関する注目すべき調査結果


 全国30の大学(宗教系、非宗教系を含む)で、2012年4月~6月に実施された「第11回 学生宗教意識調査」の結果がこのたび発表されました。有効回答数は4,094名

  ここでは、この調査結果から注目すべき項目を幾つかご紹介します。

 

・「現在、信仰をもっている」― 660名(16.1%

 ― 2005年は9.2%、07年は11.0%、10年は11.9%年々上昇傾向にあるのが伺えます。

 

・「信仰をもっていないが、宗教に関心がある」― 1,543名(37.7%

 ― 男女別では、女性が893名(41.1%)、男性が647名(33.9%

 

・「宗教への関心がない理由(複数回答)」の上位3つ

 1. 「宗教の必要性を感じていないから」― 975名(52.9%

 2. 「身近に接したことがないから」― 667名(36.2%

 3. 「宗教に関する悪い報道やニュースを見たから」― 351名(19.0%

 

・「神の存在を信じる」― 809名(19.8%

・「神の存在をありうると思う」― 1,364名(33.3%

 ― 男女別では、女性が811名(37.4%)、男性が549名(28.7%

 

・「霊魂の存在を信じる」― 832名(20.3%

・「霊魂の存在をありうると思う」― 1,576名(38.5%

 ― 男女別では、女性が943名(43.4%)、男性が626名(32.8%

 

・「どんなに科学が発達しても、宗教は人間に必要だと思う」― 925名(22.6%

・「…どちらかといえばそう思う」― 1,529名(37.3%

 

 この他にも「宗教的習俗への関わり」や「宗教と教育に関する考え」、「東日本大震災と宗教」などに関する回答結果が公表されています。 

 報告書をお申し込みの際は、400円分の切手を同封の上、以下の宛先まで。

 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28 国学院大学日本文化研究所 井上順孝 宛

 

Posted by on 2013年2月16日. Filed under トピックス, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*