「商売」に関する文鮮明師の言葉


 今回は「商売」に関する文鮮明師の言葉をご紹介します。

 

 商売をして集めたお金は神聖なお金です。しかし、商売で得たお金を神聖なものにするには、それに携わる者が嘘をつかず、暴利を貪らないという条件が必要です。商売をするときは、常に正直でなければならず、3割以上の利益を取ってはなりません。そうやって大事に稼いだお金は、当然貴い目的のために使うべきです。目標が明確で、志のあることのために使わなければならないのです。

(『平和を愛する世界人として』より)

  

 『平和を愛する世界人として』の文鮮明師の言葉をカテゴリー分けして紹介しているサイトがありましたので、以下に合わせてご紹介します。 

「平和を愛する世界人」のことば

 

【関連記事】

「対人関係」に関する文鮮明師の言葉

「うそはうそなのです」(金元弼先生の証しより)

Posted by on 2013年2月13日. Filed under コラム, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*