梶栗玄太郎・前日本統一教会会長の「聖和40日追慕礼拝」を開催


統一教会公式サイトに掲載されている記事を紹介します。

 

__________________________

 

天暦12月28日(陽暦2月8日)午前10時から東京・渋谷の本部教会礼拝堂で、「忠臣奉天」「天永武士」梶栗玄太郎・前日本統一教会会長の「聖和(逝去)40日追慕礼拝」が行われました。

 梶栗前会長は2009年7月、第12代日本統一教会会長に就任。それ以降、闘病生活を続けながら、教会の組織強化のほか、説教や信仰指導などに尽力する中、2012年12月26日午前6時10分、聖和されました(享年75)。

 佐野邦雄総務局長の司会で始まった追慕礼拝は、主礼の徳野英治会長がローソク点火した後、小山田秀生・分捧王が報告祈祷。続いて、梶栗会長を偲ぶビデオが上映されました。

 次に、長男の梶栗正義氏が「聖和」前後の詳しい経緯を説明。貴重なエピソードを交えながら、地上生活の最期の一瞬までみ旨を中心に歩まれた梶栗会長の生き様を証ししました。

 

IMG_6346-300x212 IMG_6380-300x212

 

__________________________

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧ください。

 

 

Posted by on 2013年2月12日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*