信仰手記 「再臨主を待ち望み、再臨主と米国を愛した夫」


中和新聞速報版サイトに掲載されていた記事を紹介します。

 

_____________________________________

 

d8eddf5329882d76f0b5323c6fd8e79a渡辺美雪さん(アリゾナ州フェニックス在住。58歳)の夫ジェームズ・C・サリバンさんは、二〇一一年四月一日から五月十日まで、米国のために四十日断食を全うし、同年五月二十六日、真の父母様の主宰されるラスベガスでの原理本体論教育に向かう途中で聖和しました。以下は、渡辺美雪さんの手記です。

(文責・編集部)

 

 「いつまでも夫と共に年齢を重ねていきたい」というのが私の願いでした。主人も、家庭を愛する良き夫であり、父親でした。

 しかし、あのときの主人の最大の願いは、ワシントンDCに行き、四十日断食をしながら伝道することでした。そして、それを果たして、走るように霊界に行ってしまいました。神様のため、真の父母様のため、アメリカのために、最後の力を振り絞って生きたのではないかと思います。もしかしたら、既に寿命が来ていて、主人の思いがあまりにも強いので神様が四十日の断食の期間を下さったのではないかという気もします。

 その四十日の間、私も、今は高校を卒業した娘も、とても苦しみました。しかし、電話の向こうの主人の声はいつも明るく、「ハッピー(幸せ)」と言っていました。

 主人が四十日断食を決意したのは今から十一年前の二〇〇一年、ニューヨーク市で起こった9・11(アメリカ同時多発テロ事件)がきっかけでした。そのときに、アメリカの食口はニューヨークに祈りに行きました。そのころ私たちはボストンに住んでいましたから、バスで四、五時間かけてニューヨークまで行きました。主人が行きたいと言いだしたのです。

 

 

_____________________________________

 

記事の続きは中和新聞速報版サイトをご覧下さい。

Posted by on 2013年1月23日. Filed under できごと, コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 信仰手記 「再臨主を待ち望み、再臨主と米国を愛した夫」

  1. eric

    隠れた聖人にあったような気がします。とても感謝です。天上でお父様に侍って 最高に幸せと思います。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*