新しい原理講義を基元節までに UC-Familyから


UC-Family 1月15日の記事より

 新しい原理講義を基元節までに New Teaching Method to be Launched by Foundation Day

コンプトン師

東はボストンがら西はサンフランシスコ湾まで今、

教会員たちが称賛を送っているのが新しい原理講義のツールだ。

それによって初心者もまるで名門アイビーリーグの先生ばりに説得力にみちた講義ができると言う。

『原理がわかる』(Discovering the Divine Principle)と名付けられたスライドを使った講義は

今、マイケル・バルコム副会長が国内巡回説教のほとんどすべての場所で披露され

毎回高い評価を得ているのだ。

コンプトン師によれば二人のデザイナー、ジョナサン・ガラリーとリーヒー・ウルフが 

スライド 創造原理

新しいパワーポイントスライドを作成し、それが現代的で快活で非常に魅力的だという。

“バルコム師が講義で用意したツールがすごく印象に残った。

経験の浅いメンバーが順番に聴衆を前に講義の練習を行ったのだが、

それは参加者すべてにとって良い経験になったし、そのあと活発なディスカションも行われた。”

とコロラド州の牧会者であるマイケル・ヘントリック師は言う。     

この新しいプロジェクトは                          

スライド 四位基台

ニューヨーク、タリータウンのウェストロックチャーチの牧会者

アンドルー・コンプトン師の構想で一年以上まえに作成開始された。

“私の最初の動機は統一教人により新しくて、簡潔で新鮮な原理講義を提供したかったことです”

とコンプトン師は統一ニュースで述べている。

“かならずしも全員が原理を教えることができるとはかぎらないし、

当時唯一あった原理講義の教材はずいぶんまえにケビン・マッカーシー師が作成したもので

ひとつの講義が1時間にもわたる長いものだった。。” 

明快で簡潔な講義を作ることをねらいにコンプトン師は新しい講義のデザインにとりかかった。

“はじめて来た人、統一教会員が何を信じているのか知りたいと思っている人にも

簡単にわかるようなものをつくりたかった。”と師は説明する。

地方の公共ケーブル局が無料でカメラ、カメラマン、編集を提供しているのを見つけたコンプトン師は、

そこで、それぞれ27分の12回からなる原理講義を作成することにした。

“問題はそのケーブル局で2回撮りできないことでした。

だから12回シリーズをすべて本番1回でうまくやらなければならない。

そこでビデオ撮りの前に練習するために講義内容を

すべてノートに書きだしたんですよ。”とコンプトン師は語った。

数回分撮影したのち、米国統一教会で前教育局長ヘザー・タルハイマーを招き、

改善点についてアドバイスを求めた。

それに応えてタルハイマーは講義シリーズを発展させることを決めて、

当時教会の教育カリキュラムの開発責任者だったタイラー・ヘンドリックスを任命して

コンプトン師の講義録にもとづく原理講義の作成に取り掛かった。

こうして新しいプロジェクト『原理がわかる』がスタートした。

“このプロジェクトは私の心の中で本当に貴重なものになりました。

教育局の目標は、原理の本質に忠実な、それでいて見た目も感覚も現代的なものを作ることでした。

すなわち この原理講論はメディアで他の様々なメッセージと競わなければならないので

とにかく人を惹きつける魅力のあるものにしないといけない。”

とタルハイマーは統一ニュースに送ったメールの中で述べる。

ヘンドリックス師によれば、“『原理が分かる』の原理講義シリーズは、宗教的背景のない人、

あまり決意のない人やトレーニングを受けてない人の必要にもあうように作られています、

すなわち普通の人に比較的容易にのみこめる言葉で原理を伝えるスタイルを取っているのです。”という。

タルハイマーは続けて、12回の内容のどれもが初めて来た人も原理講論の『強力な真実』を

しっかり学べて自らも教えることができるようにする、それを念頭に作成したと言う。

コンプトン師はこう言う。

“ヘンドリックス、クリスティン・フローリッヒ(GPAアドバイザー)両氏が

わたしの講義案を大変素晴らしく改善してくれたのでひじょうにうれしい。

それにデザイナー達、ジョナサン・ガラリーとリーヒー・ウルフ(GPA卒業生)が

パワーポイントのスライド図を現代風で明るくとても魅力的なものに一新してくれました。”

新講義が完成する前に、試験的にそれを使った講義がデンバー、シカゴ、カリフォルニアのサンレアンドロで行われた。

“マイケル・バルコム副会長が去年の12月から毎週直接現地に赴いてスライドを見せて

参加者にこの新しい講義をしてみるよう勧めた。

ティーンエイジャーの若者や英語を上手く話せない日本人がトライしましたが

このスライドの内容をただ読むだけでも、いい結果がでました。

ほんとうに誰にでも講義することが簡単になりました。

参加者からもたいへん恵みをうけたということを聞きましたし現場からも多くの激励をうけました。”

とヘンドリック師は統一ニュースのなかで述べた。 

この12回シリーズ原稿と、スライド7回分がすでに完成した。

ヘンドリックス師によると基元節(2/22/2013)までにすべて完成させて各地の教会で利用できるようにすることが目標だという。

また講義シリーズに加えて、講師のための詳細な手引きを作成中で、

それは受講者が12回シリーズを通して内容を十分に消化し

自分の生活とどうかかわるのかを示すことができるようにするものだと言う。

記事 Krista Karjalainen

訳)Harikawa

以下原文です

New Teaching Method to be Launched by Foundation Day
Church members from Boston to the San Francisco Bay are applauding a new teaching tool which allows novices to sound as credible as Ivy League academics. Dubbed “Discovering the Divine Principle, the scripted slide show gets unpacked at nearly every stop of Dr. Michael Balcomb’s preaching tour of the United States, and gets rave reviews every time.

Rev. Andrew Compton shows off a homemade diagram of the Four Position Foundation.

Pictured above is slide one of lecture one of the new Divine Principle lecture series.

According to Rev. Compton, designers Jonathan Gullery and LeeHee Wolf have created a new set of PowerPoint slides that are “modern, bright and very attractive.”
“The tools Dr. Balcomb presented were impressive, and several inexperienced members took turns learning to teach to the rest of the audience. It proved to be a good experience for all who attended, and a lively discussion followed, according to Rev. Michael Hentrich, Colorado State Pastor, after one of these visits. The project began more than a year ago as a brainchild of Rev. Andrew Compton, then the pastor of the West Rock Church in Tarrytown, NY.
“My original motivation was that we provide Unificationists with a newer, briefer and fresher Divine Principle lecture series,” wrote Rev. Compton to Unificationnews. “Not everyone has the ability to teach the Divine Principle, and the only lecture series that was available until now was the one produced long ago by [Rev,] Kevin McCarthy, which is more than an hour long for each lecture.”
With the aim of making lectures that were clearer and shorter, Rev. Compton started to design a new series. “I wanted to create something that a new guest, someone who wanted to know what Unificationists believe, could easily digest,” he explained.
Having discovered that the local, public-access cable station provided free cameras, crew and editing work, Rev. Compton made an arrangement to create with the station a series of 12 Divine Principle presentations, each 27 minutes in length. “I faced a problem where the cable station would not do re-takes,” he said. “I had one shot at producing a good presentation for each of the 12 series. Therefore, I wrote out notes of the entire lecture content in order to practice before producing the actual video.”
After a few sessions had been produced, Rev. Compton invited Heather Thalheimer, former director of Education at Unification Church USA, to provide advice for improvements. In response, Thalheimer decided to expand the series and assigned Dr. Tyler Hendricks, developer of ministry curriculum, to create a Divine Principle lecture series based on Rev. Compton’s notes. A new project, titled “Discovering the Divine Principle,” began.
“This project was very near and dear to my heart,” Thalheimer wrote in an email to Unificationnews. “The Education Department had the goal of developing a Divine Principle series that has a contemporary look and feel while staying true to the original substance of the Divine Principle. The Divine Principle is competing with a lot of other media messages for attention. Whatever we produce has to look attractive and hip to get noticed.”
According to Dr. Hendricks, “The ‘Discovering the Divine Principle’ lecture series was designed to meet a need – to present a style of teaching the Divine Principle in terms that are relatively simple to grasp for the average person – without much religious background, commitment or training.” Thalheimer said the idea to script the content of each of the 12 lectures came about so that even a first-timer could learn and teach “the powerful truth” of the Divine Principle.
“I am happy to say that Dr. Hendricks and Christine Froelich, advisor to Generation Peace Academy (GPA), have improved my notes tremendously,” said Rev. Compton. “In addition, designers Jonathan Gullery and GPA graduate LeeHee Wolf have created an entire new set of PowerPoint slides that are modern, bright and very attractive.”
Before the lecture series was finished, trial runs were held in Denver, Chicago, and San Leandro, CA to test the presentations. “Dr. Michael Balcomb, vice president of Unification Church USA, has been out in the field every week since December presenting the slides and encouraging participants to try out the new lecture,” Dr. Hendricks told Unificationnews. “We have had young teenagers get up to present, as well as Japanese people who don’t speak English well. The participants find that this format of reading from the script works and makes it easy to present. We’ve heard that participants got very inspired, and we’ve received a lot of encouragement from the field.”
The script for the 12 lectures is complete, and the first seven of the 12 slide shows are finished. According to Dr. Hendricks, the goal is to have all the Divine Principle presentations finished by Foundation Day, February 22, 2013 and made available to members of the local churches. In addition to the lecture series, Dr. Hendricks is working on a “metric companion” to guide teachers who help students through the 12 sessions and “digest, reflect upon and wrestle with the material and see how it relates to their own life.”

Contributed by Krista Karjalainen




coded by nessus
Posted by on 2013年1月17日. Filed under トピックス, 教育・留学, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 新しい原理講義を基元節までに UC-Familyから

  1. This has made my day. I wish all potsnigs were this good.

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*