大きな光残した大きな星達 歴史の裏に


2012年にも国内外で多くの星がいた。国内では著名な文化·宗教関係者と企業関係者が亡くなった。特に芸能など文化界人士が著しく歴史の裏に消えた。
生前に世界的に有名になった人物は、統一教会創始者である文鮮明総裁だ。文総裁は34歳だった1954年、ソウルで”世界基督教統一神霊協会”(統一教会の前身)を創始して教主となった。しかし、自分を再臨のメシアであると主張する教義のために主流のキリスト教から異端と規定されて排斥された。

統一教会は現在、全世界194カ国約300万人の信徒を抱える宗教団体へと成長したが、文総裁の評価は賛否に分かれている。

 

59519_70561_1540

 

原文:http://www.sisapress.com/news/articleView.html?idxno=59519

翻訳:tameo




coded by nessus
Posted by on 2013年1月13日. Filed under トピックス, 真の家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 大きな光残した大きな星達 歴史の裏に

  1. 伊藤ツヤ子

    統一運動を推進します。

Leave a Reply to 伊藤ツヤ子 Cancel reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*