ヤン会長 「米国統一教会食口にあてた別れの挨拶」


1月12日2013 UC-Familyに載ったものです。
Dr.yang

お別れのメッセージ   1月4日 2013年

親愛なるアメリカの兄弟姉妹のみなさん

長年アメリカで真のご父母様にお仕えしてまいりました、
その期間の大半は大陸会長も勤めましたが、
このたび新たな任命を受けました。
お父様のご聖和100日目の日に、
真のお母様はわたしを韓国によばれ統一教会世界副会長として
世界会長である文亨進師を補佐して世界宣教本部を監督することになりました。
加えて統一運動の議長としてさらに世界基督教統一神霊協会の韓国会長
真のお母様の特別補佐を兼任いたします。
最初の仕事としては韓国での基元節を組織、準備することになるでしょう。

アメリカではすべての皆さんと共に神さまの摂理に
お仕え出来たことは大きな光栄でした。

親愛なるアメリカの兄弟姉妹のみなさん
数多くの忘れがたい経験を分かち合いました。
とくにこの12年は天一国時代到来の基台をつくるため
真のご父母様に侍って参りました。

真のお父様を支持する様々な信仰をもつ聖職者を一つにするべく働いてまいりました。
中東でのピースイニシアティブ、お父様の50州講演ツアーやその他の摂理的ツアー
重要な意味をもつ戴冠式、ラスベガスの摂理そして原理本体論教育
そのほか数えきれないほどの真のご父母様による歴史的業績の数々。

それらすべてを通じて真のお父様はアメリカを長子国家としてたてようとして来られました。
そして皆さんを信頼して来られたのです。
忘れがたいこうした時を皆さんと共に歩めたことは特別な名誉でした。
もちろん悲しみや困難も確かにありました。
ほんの数カ月まえまで、われわれのお父様がこんなに早く
肉的にわれわれのもとを去られて霊界に行ってしまわれるとは誰も想像もしませんでした。
深刻な試練の時です。
しかし去るにあたって、多くの希望がもてる理由をみなさんに思い起こしてもらいたいのです。
基元節が統一運動にとって新しい始まりになる
であろうということは深い確信があります。

われわれの真のお母様は地上で真の父母さまの代身として
きわめて明晰に考えておられるし、
意欲に満ちておられます。
毎日お父様とコミュニケーションをとられ、
霊界のお父様と一体化しておられます。
お母様は多くの意味で以前とは違った立場に立たれています。
地上の中心人物としてしっかりと立たれて、
多くの試練を通過されながらも
権威と自信をもって摂理を導いておられます。
Dr.yang

どれほど真のご父母様がアメリカを愛されたか、
また食口と祝福家庭にどれほど大きな希望と願いをもっておられたか
ということについては私が証人です。
お父様は公生涯のおよそ三分の二をアメリカで過ごされています。
その間もてる心情と魂を投入されました。
世界摂理の中でアメリカのもつ使命があまりに大きいということを知っておられたからです。
ご父母様の中での優先順位はアメリカが一番だったのです。
韓国に戻られてからも、お父様の心のなかにアメリカはおおきく位置を占めました。
ですからたびたびここに戻ってこられたのです。
その同じ愛をもってお母様は亨進さまをこの国の摂理のリーダーとして送られたのです
、お父様の代身として。これはアメリカにとって大きな希望です。

亨進さまはここで生まれ育ちました。
ですからこの国に対して明るく、愛のある、心開いた見方をされます。
お父様の晩年に亨進さまは常に御一緒されました。
ご父母様に対する亨進さまの絶対信仰、絶対愛、絶対服従を私は目撃してまいりました。
お父様は亨進さまを宗教指導者として20代前半から教育されました。
彼の深い謙虚さと温かく愛に満ちた心や皆を包み込むようなご性格は、私たち皆の知る所です。
ヨナさまと共に祝福中心家庭を尊い社会の根として強め支えて行くことを願っておられます。
マイケル・バルコム氏その他の有能なチームと共にアメリカ本部を地域をささえる機関として造り変えておられます。
真のお父様の精神と基盤のあるイーストガーデンを皮切りに、礼拝の伝統を復活させておられます。
このような愛ある有能な指導者をアメリカにくださったことに本当に真のご父母様に感謝申し上げます。

兄弟姉妹のみなさん。
ご父母様は長子国家として信頼をおかれました、
そして世界は皆さんの援助と希望と指導を求めています。
教会として皆さんの成長と繁栄が世界にとって模範となり続けることでしょう。
神さまは世界経済、道徳、霊性を立てて行くために
アメリカを必要としておられるのです。
私はこの国の食口と指導者の才能、能力、情熱をよく知る者です。
皆さんが何をできるのかも知っています。
ほんとうに多くの若者たちが、本部やGPAや全国で生き生きと仕事をしているのを見て、
わたしたちの未来に大きな希望を感じます。
この摂理的に最も重要な時、皆さんが一つになって
真のお母様と世界会長をささえてくださいますようにお祈りします。

愛する祝福家庭のみなさん。
皆さんに奉仕することは本当に名誉なことでした。
父母様の愛してやまないこの国で
父母様をお支えするためベストを尽くし、
時に笑い、時に涙したことを私は決して忘れません。
私はアメリカを、皆さんひとりひとりすべてを愛しています。
もちろん遠くに行くわけではありません。
ただオフィスを韓国に移すだけのことです!
アメリカ摂理をささえるために世界的責任分担のなかで出来ることは何でもするつもりです。
きっと皆さんと一緒に継続して仕事をすることになるでしょう。

基元節の準備にあったって、
真のご父母様にたいしてお捧げするものがあまりにも不足であることをわれわれは皆、知っています。
ですが愛する兄弟姉妹のみなさん、
この歴史的瞬間に用意された偉大な恩寵をどうか受けてください。
父母様はわれわれが投入するから愛されるのではなく、
父母様が完全に投入なさるがゆえに私を愛して下さるのです。
真のご父母様はわたしたちの不足にもかかわらず基元節に、
直接の子孫としてわれわれを立てるためにお招き下さっています。
その日、みなさん一人一人とともに立てることは誇らしく、
本当によろこばしいこととなるでしょう。

いま我々はたしかに試練と困難に直面していますが、
お父様はメシアであり想像を絶する権能と権威をもって
霊界からわたしたちを導いておられることを忘れないで下さい。
お父様の心はお母様の心の中にあり、お母様の心はお父様の心の中にあるのです。
イエスさまが2000年前、苦痛と孤独の中で十字架にかかって死ぬとき、
たった一人で、
弟子も基台も失って、世界最強国家によって罪人として処刑されるその時、
イエスは「すべて成し遂げた!」と叫ばれました。
その惨めな状況を思えば、
一体誰がイエスのたてた霊的基台のうえにキリスト教がおこり
世界を動かし歴史を動かし、何10億の人びとを
かき抱くようになることを想像できたでしょうか。

真のお父さまが最後の公的祈りを終えられるとき、
「すべて成し遂げた。」と4回おっしゃられました。
お父様がその生涯をかけて打ち立てられた基台は
歴史上のいかなる宗教教祖のそれとくらべても比較にはならないのです。
真のお父様の教えと伝統は今後間違いなく世界を動かしていくことでしょう。
それがどれだけ早くなるのか、
どれほど強力に進むようになるかは皆さんとそして私にかかっています。

わたしは神さまと真のご父母様の夢である天一国をこの世に実現するために
アメリカ家庭の皆様と一緒に喜んで働くでしょう。
どうか会ったときに気軽に皆さんの意見や考え、提案を聞かせて下さい、
簡単にあいさつだけでもいいのです。
皆さん一人一人のために、また皆さんの家族と皆さんの仕事のために祈ります。
そして神さまがひきつづきアメリカを祝福して導いてくださるようにお祈りします。

Dr.ヤン・チャンシク

訳)Harikawa

以下原文です。

Farewell Message: Dr. Chang Shik Yang – January 4, 2013

| January 12 2013

My beloved Brothers and Sisters in America,

After attending True Parents in America for many years, and serving as Continental Director for most of that time, I recently received a new mission. On the 100th day after Father’s Seonghwa, True Mother called me to Korea, and I was selected as the International Executive Vice-President of the Unification Church, supporting our International President, Rev. Hyung Jin Moon and overseeing the World Mission Department headquarters. I will also serve as the Chairman of the Unification Movement and the President of HSA-UWC in Korea and as a Special Assistant to our True Mother. To begin with, I will be working to organize and prepare the celebration of Foundation Day in Korea.

It has been a great honor to serve God’s providence in the USA side-by-side with all of you, my dear American Brothers and Sisters. We have shared so many memorable experiences together, particularly during these last twelve years, attending our True Parents as they laid the foundation for the coming Cheon Il Guk era.

We have worked to bring together clergy of many faiths who supported True Father, for the Middle East Peace Initiative; True Father’s 50-state speaking tour and many other providential tours; the deeply significant crowning ceremonies, the Las Vegas providence and OSDP workshops; and countless other historical achievements by our True Parents in America. Through it all, True Father has raised America to become the elder son nation, and placed his trust in you. It has been a privilege to work with you through all these unforgettable moments.

We have certainly shared sorrow and difficulties as well. Just a few short months ago, none of us dreamed that our True Father would be gone from us physically, departing for the spiritual realm so soon. This is a challenging and serious time, but as I leave I want to remind you that there are so many reasons for hope. I am deeply confident that Foundation Day will be a new beginning for our movement.

Our True Mother has become absolutely focused and resolute as the representative of True Parents on the earth. Communing with True Father every day, and operating in absolute oneness with him in the Spirit World, True Mother is in many ways in a different position now. She is standing firmly as the Central Figure on earth, leading the Providence with authority and confidence, despite the many trials she herself has been through.

I am a witness to how much True Parents love America, and how much hope and desire they have for our members and families. Our True Father spent nearly two thirds of his public life in this country, investing his heart and soul in all of us. He loved this nation the most, knowing the great mission America has for God’s providence in the entire world. This nation has remained as True Parents’ number one priority. Even when he returned to Korea, the United States continued to occupy his mind, and he was compelled to return here again and again. With that same love, our True Mother sent Hyung Jin Nim to lead the providence in this nation, representing our True Parents. This is another great hope for America.

Hyung Jin Nim was born and raised in this country, and naturally has a bright, loving and open mind toward this nation. During these final years with True Father on earth, Hyung Jin Nim was always at his side. I witnessed his absolute faith, love and loyalty to True Parents. True Father raised him as a spiritual leader since his early 20’s. We have all seen his deep humility, his warm and loving heart. We know his broad, embracing nature toward everyone. With Yeon Ah Nim by his side, he wants to empower and support Blessed Central Families as the precious root of our community. With a capable team led by Dr. Michael Balcomb and others, he is recreating our National Headquarters to support our local communities. Beginning from East Garden, which is filled with True Father’s spirit and foundation, Hyung Jin Nim is revitalizing our worship tradition. I am so grateful that True Parents prepared such loving and capable leadership for America.

My Brothers and Sisters, True Parents have placed their trust in you as the elder son nation, and the world needs your support, hope and guidance. Your growth and prosperity as a church will continue to be a great example for our world community. God needs America to stand for the world economically, morally and spiritually. I know so well the talent, capability and passion of our members and leadership in this country, and I know what you are capable of. When I see so many of our young people inspired and involved at Headquarters, in the Gen Peace Academy and around the nation, I feel great hope for our future. I pray that you will come together in support of our International President and our True Mother at this most critical time in the providence.

My dear family, it has been my great honor serving with you, and I will never forget the many experiences we have shared with laughter and the tears as we did our best to support our True Parents in this nation that they love so deeply. A huge part of my heart, my life, my lineage and family, is planted in the soil of this nation. I love America, and I love each and every one of you. Of course I am not far away. I am simply moving my office to Korea! I will continue to do all that I can in this international role to support the providence in America. I am sure that you and I will continue to work together.

As we prepare for Foundation Day, we are all aware that we have too little to offer to our True Parents. But my dear Brothers and Sisters, please receive the great grace that they have prepared for this historical moment. They love us not simply because of what we have invested, but because they have invested in us completely. True Parents are inviting us, despite our limitations, to stand as their direct descendants on Foundation Day. I will be proud and grateful to stand with each one of you on that day.

Despite the tribulations and difficulties we are facing as a community, remember that True Father is the Messiah, and stands with incredible power and authority to lead us from the Spiritual World. His heart is in True Mother’s heart, and her heart is in True Father’s heart. When Jesus died painfully and alone on the cross 2,000 years ago, he seemed alone, without followers or foundation, executed as a criminal by the mightiest nation on earth. Yet he cried out, “It is finished!” Given that miserable situation, who could have dreamed that Christianity would arise on the spiritual foundation he had established, to lead the world, move history and embrace over a billion people?

When True Father finished his final public prayer, he said, “Everything has been accomplished” four times. Let us remember the unparalleled foundation that True Parents have established in their lifetimes, far beyond any religious founder in history. Upon that foundation, True Father’s teaching and tradition will no doubt move the world. How soon and how powerfully that happens will depend upon you and me.

I am excited to work together with our American family to make God’s and True Parents’ dream of Cheon Il Guk a reality in our world. Please feel free to contact me with your comments, thoughts or suggestions, or simply to say hello. I will be praying for each and every one of you, for your families and your work, and I pray that God will continue to bless and guide America.

Sincerely,

Dr. Chang Shik Yang

csyang2013@gmail.com
l team as we step into a new territory with faith, intellect, courage and – moderation.

Contributed by Douglas Burton, chief editor.




coded by nessus
Posted by on 2013年1月13日. Filed under トピックス, ニュース, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*