真のお母様のみ言葉 10月27日2012 


お母様が訓読会(10/27/2012天和宮@ラスベガス)で語られたみ言葉を
翻訳したものです。 UC-Family記事11/01/2012付より
お母様
【以下本文】
天和宮での真のお母様のみ言葉 @Las Vegas 10/27/2012

アジアでは人びとが中国の脅威を感じて、中国の権力が野放し状態になっていると話しています。
わたしたちはそれをしっかり見守る必要があります。
中国もロシアと協議することなしには自由に振舞うことは難しいでしょう。
天宙平和連合(UPF)の会合を今回
ウィーンで行ったとき、旧ソ連の指導者が数名参加していました。
彼らからたくさんの新しいことを学んだのです。
摂理のこの時点で、お父様が霊界で穏やかにお過ごしになることができるかどうかは、
みなさんがこの地上で責任を果たせるかどうかにかかっています。
その旧ソ連からの代表者たちは、
あとからUPFの創設者がお父様だと知って非常に感激していました。

各大陸会長からの報告によれば、あるアフリカの国で、
その国に食口が一人もいないにもかかわらず
お父様のご聖和を現地の新聞が大きく報道して、
お父様のことを偉大な人物として紹介していました。
わたしたちが気付く気付かないに関わらず、
すべての人類が
お父様を心を一つにして、一つの目的をもって
霊界に送ったということは私にははっきりとわかります。

みなさんの責任が非常に重要なのです。
遅かれ早かれ、皆さんもすべて霊界に行くのです。
霊界に行った時、お父様から
『ああ、いま来たのか。おまえは地上では最高に頑張ったね。』
と声をかけていただける人になるにはどうすればよいかわかりますか。
お父様はわたしたちにはっきりとした方向と目標を示されてから、霊界に行かれました。
基元節は終わりではありません。
全人類を解放し65億すべての人を天につなげるまで、私たちは最善を尽くさねばなりません。
わたしたちにお父様は氏族メシアの責任を完遂しなさいとおっしゃいました。
いったい何年間そのことを強調されましたか。
にもかかわらず近隣のひとにさえ証できないことは
残念なことではないですか。

現在のアメリカの状況は内的に難しいのです。
父母の愛を受けるだけで、返そうとしないのです。
お父様が霊界に行かれる前にアメリカを天の国に変えることができなかった事実をどう思いますか。
アメリカの人びとが再臨のメシアと同時代に暮らしながら『彼のことを知らない』という時、
その責任を負わなければならないのはあなたたちなのですよ。
これは責めるとかそういう問題ではないのです。
永遠なる霊界には身を隠す穴もないのです。そのことがわかりますか。
だからお父様はあなたたちを信じられたのです。
なぜ氏族に証を立て復帰できなかったのでしょうか。
天が協助しなかったからです。
天が感動して協助するところまでいかなかったのです。
そのことを悔い改めなければなりません。

『天宙主管を願う前に、自己主管を完成せよ』とお父様は仰いました。
悔い改めの精誠期間を経たのちにお父様は「神さま中心」の路程を出発されたのです。

私はここ(ラスベガス、ネバダ州)を出発して車で東へ向かい、
何年も前にお父様と旅をした場所を訪ねたいと思っています。
ここに地図もあります。
お父様が訪ねたい場所を、
体力の続く限り回ります。

ラスベガスには大勢男性がいます。
男性が一つになるのと、女性が一つになるのとどちらがやさしいと思いますか。
あなたがた男性たち。
お父様の墓前で3年間喪に服すつもりで努力して一体化しなければなりません。
真の父母さまの前でできない事は何もないでしょう。
Dr.Leeか誰か言いましたね。
『いっしょにいれば、生き。別れれば死ぬ。』
一つになるということは本当に大事なことです。

お父様が最初にアメリカに来られた時、
『アメリカは病気である、だから私が医者としてきた。
アメリカは火事である、だから私は消防士としてきた。』と仰いました。
皆さんにかかっているのです。
『われわれにはできない。』と言う人になってはいけません。
信じることを実践する人が成し遂げる人です。
わかりましたか。(はい)

お父様がアメリカを愛し続けて下さることを願います。
私も、これからもたびたびここにやってきます。
でも今度いつ来れるかはわかりません。
もう一度言いますが、皆さんにかかっているのです。
教会の草創期に戻って、原理講義がいつも絶えない雰囲気をつくる必要があります。
講義をするにはまず
お父様の代身として天のみ言葉を伝えることができるような生活を正しく送らねばなりません。

たとえ難しい環境にあったとしても、
自己中心的になってはいけません。
自我を捨てるためには心と体を一つにしなければなりません。
そういう姿勢で仕事を始めることができれば、あなたがたは自由になれます。
平安になります。幸せになり、あなたの隣人も幸せになります。
つまり自由を獲得するのですそう思いませんか。
そういう人たちの住むところが天の王国なのです。

お父様のみ言葉のとおりにしていれば問題ありません。
そうしないとあれこれ言い訳しなければなりません。
そうしてはいけません。自分をまず導くのです。

今、私は皆さんや皆さんの子孫のためになすべきことがたくさんあるのです。
ひとつ知っておかなければならないことは、私たちの未来は明るい、決して暗くないということです。
お互いに感謝して、すべてに感謝して、心開いてすべて天に報告しなさい。
「導きと護りに感謝申し上げます。
あなたのおかげで今日これだけのことをなすことができました。
明日はもっと精誠をつくしてより大きな栄光をお返しします。」
このような感謝をもって生活すれば、幸福になるでしょう。
WFWP(世界女性平和連合)の大会を、アメリカ、韓国、日本の指導者たちとここでなしましたね。
この精神で再出発しましょう。
(はい)
よろしい、では大きな声で言ってみて下さい。
「天のお父様感謝申し上げます。」
「ご父母様感謝申し上げます。」「わたしたち皆に感謝します。」
「おたがいに愛しています。」

お父様のために歌をうたいましょう。
お父様は訓読会ではいつも歌を歌って楽しまれました。
霊界に行かれてからも、そうしなさいと私におっしゃるのです。
そういう雰囲気になれば私も歌います。  

 (マクデビット夫人は〝천년바위”(千年岩)を歌い、
ヤン会長は〝모내기 노래″(田植えの歌)を歌い、お母様と皆も一緒にうたった。
そのあと、真のお母様は歌詞の一部「新しい国、新天新地に向かって進みましょう」をくりかえされて
この日の訓読会は終わった。

(訳Harikawa)

以下原文です

True Mother’s Hoon Dok Hwe at the Cheon Hwa Gung in Las Vegas

| November 01 2012

The following are notes of True Mother’s words at her Hook Dok Hwe session on October 27, 2012 at the Cheon Hwa Gung, True Parents’ residence in Las Vegas. These notes are taken from a Peace TV video clip and “cannot be published as definitive texts and should never be used in the future as an ‘official’ publication of True Parent’s words. However, they do provide a good idea of the ‘spirit’ of the message,” according to Rev. Katsumi Kambashi.

“In Asia, people feel threatened by China, and they say its power has become rampant. We have to keep watching over it. It’s not easy for China to act freely without consulting Russia. When we held the Universal Peace Federation (UPF) meeting in Vienna this time, some leaders of the former Soviet Union participated, and we learned many new things from them. At this point of the providence, whether True Father stays calm in the spirit world depends on whether you fulfill your responsibility on earth. Those representatives from the former Soviet Union came to know later that the UPF was established by Father, and they became so excited.

“According to the reports from the continental directors, in some African countries where we have no members, we had an announcement of Father’s Seonghwa in newspapers on a huge scale, introducing him as a great person. Whether or not we notice, it is obvious to me that all of humanity sent Father to the spirit world with one mind and one purpose.

“Your responsibility is so important. Sooner or later, all of you will go to the spirit world. How do you think you can be a person who can be recognized by Father in the spirit world and be told, ‘You came here now, you have done your utmost efforts on earth?’ Father went to the spirit world after he gave us clear directions and goals. Foundation Day is not the end. Until we liberate all humanity and bring back all 6.5 billion people to Heaven, we have to offer our utmost effort. Father told us to accomplish the responsibility as Tribal Messiah. How many years had he emphasized that? But isn’t it a pity that you can’t witness even to your neighbors?

“Our current situation in the United States is difficult internally. You have only received parents’ love, not given back. What do you think of the fact that you couldn’t turn the United States into a heavenly nation before Father went to the spirit world? When US citizens, who had been living with the Messiah of the Second Coming on earth say, ‘I didn’t know him,’ you are the one who must take responsibility. This is not just the matter of accusation. In the spirit world, which is eternal, you won’t have even a hole in which to hide yourself. Do you know that? That’s why Father had trusted you. Why couldn’t you be successful in witnessing and restoring your tribes? I would say Heaven was never encouraged to help you. You haven’t reached that level where Heaven is moved to help you. You should repent on that.

“Father said, ‘Before wanting to dominate the universe, perfect your dominion over yourself.’ Having been through a penitent Jeongseong period, Father started his course with the mindset ‘God first.’

“I am planning to go from here [Las Vegas, Nevada] by car to the eastern part of the US, and would like to visit the places to which I traveled with Father years ago. I have here a map. Good. I will explore and visit the places he would like to visit as long as my body endures.

“There are many men in Las Vegas. Which is easier do you think: for men to become one or women to become one? You men, make efforts to become one as if you were spending three years mourning at Father’s grave. There is nothing that you can’t do in front of True Parents, is there? Dr. Lee or someone said, ‘When together, you live, and when separate, you die.’ It is so important to be united.

“When Father came to the United States for the first time, he said, ‘The US is sick and so I came here as a doctor. The US is caught on fire so I came here as a fire-fighter.’ It is my understanding that it’s all up to you. You shouldn’t become a person who says, ‘We can’t make it.’ Those who practice what they believe make it. Do you understand? [Yes.]

“I hope that Father continues to love the US and that I come here often. But I don’t know when I can come back the next time. Again, it’s all up to you. Going back to our early days, we need to establish an atmosphere in our church where people are always giving Divine Principle lectures. In order to be able to lecture, you should first correctly lead your life so that you can give the words of Heaven in place of Father, even under difficult situations. You shouldn’t be self-centered. In order to give up your ego, you need to make your mind and body one. When you can start your work with such an attitude, you are free. You become peaceful. You are happy and so are your neighbors, and that means you have freedom. Don’t you think so? It is the kingdom of heaven where such people live together.

“All you have to do is to live up to Father’s words. Without doing so, you are excusing with this or that theory. Don’t do that. Lead yourself first.

“I have many things to do now for you and your descendants. One thing you should know is that our future is not dark, but bright. Be grateful with each and every thing, and openly report to Heaven, ‘Thank you for protecting and leading me. Because of you, I could do this much today. Tomorrow, I will make more efforts to bring greater honor upon you.’ When you live with such gratitude, you will be happy. We had a WFWP convention here with America, Korean, and Japanese leaders together, and let’s start again with such a spirit. [Yes.]

“OK then, repeat loudly, ‘Thank you Heavenly Father.’ [Thank you Heavenly Father.] ‘Thank you parents.’ [Thank you parents.] ‘Thank you all of us.’ [Thank you all of us.] ‘We love each other.’ [We love each other.]

“Let’s sing a song for Father. Father always had songs and entertainment at Hoon Dok Hwe, and even after he went to the spirit world, he told me to do so. When I have such an atmosphere, I sing for him.”

Mrs. Wonju McDevitt sang “천년바위” (“Thousand-Year-Old Rock”). Rev. Chang Shik Yang sang “모내기 노래” (“Rice-Planting Song”) and was joined by all, including True Mother. After the song, True Mother repeated a part of the lyrics saying, “Let’s go forward to the new nation and new heaven and earth,” and that concluded the meeting.




coded by nessus
Posted by on 2013年1月12日. Filed under トピックス, 真の家庭, 祝福家庭, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*