梶栗玄太郎会長を偲んで(4) 


統一教会公式サイトに掲載されていた記事を紹介します。

 

________________________________

 

大塚克己・元日本統一教会会長-2

 

 梶栗会長が3年間(1996~99年)、ブラジル・ジャルジンで過ごされた時のことです。ジャルジンの町に小さな家を借りて住んでいらっしゃいました。あまりにも小さなお住まいだったので、行ってみて驚いた程です。

 

 当時、梶栗会長ご夫妻はとても質素な生活をしながらも、それを全く苦にせず、色々なことをコツコツやっておられたのがとても印象的です。

 

 梶栗会長は、洗濯もまともにできないような貧しい暮らしだったとしても、惨めさというものは微塵もありませんでした。ただ一つ、み旨の中でそのような歩みをしていることに誇りと喜びを感じてやっておられる姿が今も忘れられません。

 

 土というものはどこにあっても同じ土です。高いところにあっても低いところにあっても土は土であるように、日本でトップを経験していたとしても、ジャルジンというある意味でどん底の境遇にあったとしても、姿勢が全く変わらない。そういう変わらない姿勢で謙虚に生きておられる姿に、私は深い感銘を受けました。

 

________________________________

 

 

記事の続きは統一教会公式サイトをご覧下さい。

 

 

Posted by on 2013年1月9日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*