監禁状態を認めていた「青春を返せ」裁判の原告たち


「洗脳」「マインドコントロール」の虚構を暴くブログに掲載されていた記事を紹介します。

 

____________________________________

 

4c971e43345e3c4eabf05b5391e9f187

私は、札幌における「青春を返せ」裁判を例に挙げて論ずることにする。いわゆる青春を返せ裁判は札幌において始まり、原告たちは、統一教会の信徒らが行っていた伝道活動を違法行為であると主張し、統一教会で失われた青春の数年間に対する損害賠償を請求した。札幌地裁における審理は1987年3月から2001年6月まで14年3カ月という長期間にわたる裁判であった。原告は最終的には21名となり、全員が女性である。

 

結果は、2001年に一審判決で原告の元信者らが勝訴し、2003年3月に控訴審(札幌高裁)で統一教会の控訴が棄却され、同年10月に最高裁が統一教会の上告を棄却したことにより、元信者らの勝訴が確定している。

 

____________________________________

 

記事の続きは「洗脳」「マインドコントロール」の虚構を暴くブログでご覧下さい。

Posted by on 2013年1月8日. Filed under できごと. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*